【修復事例】 1年半の不倫から相手女性に会いそして夫の母親に説明後の修復

★【修復事例】 1年半の不倫から相手女性に会いそして夫の母親に説明後の修復

職場同士の不倫関係。不倫関係は1年半。
夫はもう不倫はないと言われるも妻はモヤモヤした気持ちで過ごす。
不倫されて夫の顔色を伺う日々を過ごされる中で
悶々とした気持ちが抑えきれずカウンセリングに来られました。

カウンセリング後は・・・。

外への振る舞いと自分の心にズレがあるのか不思議でたまらなかった。
怖かったとそれがわかってすごくハッとした。
不倫されて旦那の顔色を伺って生活するうちに、感情を出すのが苦手になってしまったのかも。悲しい寂しい気持ちを旦那に素直に言えるようになると
このモヤモヤした気持ちも少し変わっていくのかなぁと思う

と感想をもらいました。

確実な証拠を掴むために探偵に依頼。
依頼して証拠が揃った時、絶対に勝てるから相手女性に会いに行きましょう!とアドバイスを受ける。
その時は「確かに今かも!」と思われていましたが
どうもしっくり来ない。私は本当にやりたいのか自問自答されていました。

また会うか会わないかでカウンセリングさせてもらいながらも
ご自身の意思で今会うと決断されました。証拠を掴んでからなので約1年経ってるんですかね。

そして不倫女性と会いそして夫の母親にもその流れを報告されました。
もう少しこの辺りの話を詳しく解説したいところですが守秘義務がありますのでご理解ください。
ただ、ご本人曰く私の予想?想像?をかなり超えた未来が待ってましたと
LINEでの報告を受けてます。
話を聴いても、ほんとその通り想像を超えた未来が待ってました。

さてここで、不倫問題では
離婚になるから離婚を考えてないなら不倫女性には会わない方がいいとか
夫の母親は夫の味方になるだけだから相談しない方がいいと。
会うことも相談することはタブー視されているところがあります。

しかしこの方の場合は
不倫女性と会ったこと母親に相談したことで夫は目を覚ましました。

会うのがダメ!
母親には相談しない!が
一概にはダメとはいえないから決めつけられませんね。

だからといってご本人の意思があったから修復になったともいえない。

そう、修復した理由を尋ねられても何がと一つに絞れません。
それはまるで、自分の気持ちがわからないとか自分はどうしたいのかがわからない
夫のこと好きなの好きではないのか
愛があるのかないのかわからない
感情や気持ちと一緒で、感情が一つに絞れないのと同じです。

感情も気持ちも複雑に絡み合い絡み合うが一つ。
そこでちょっと強くなったり弱くなったりで強くなったとき感じれるぐらいなんですよね。

だから修復されたのも
色んなことが絡んでいるから○○があったから修復したとは言えない。

これがあったからだからみんなそれをしてください!と言いたいんですけどね。
それがあればどれだけの人が修復し幸せが待ってることか。

良いことばかりでもなくてご本人は修復したからこその悩み。
感情のうねりが起こってますので
今後はうねりのサポートをしながら気持ちを整えていければと思っているところです。

サポートは続きますが
それでもまず修復したことは大きいですよね。

いとうゆうじでした。
この記事はメルマガからも読めます!

メルマガ・LINE限定記事も配信しています。
よかったら登録ください。
LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【東京】1/7(月)〜 15(火)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【福岡】1/16(水)17(木)19(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【大阪】1/22(火)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【名古屋】1/23(水)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

 
 

 
 
 


【修復事例】12年前から複数の女性と不倫を繰り返し6年間の別居生活そこから修復へ

★【修復事例】12年前から複数の女性と不倫を繰り返し6年間の別居生活そこから修復へ

12年前から複数の女性と不倫を繰り返しながらも
6年前に不倫がバレ、夫は家を飛び出し、別居生活がはじまる。
別居生活がはじまった直後に
カウンセリングに来てくださり、別居中の6年間修復サポートをさせていただきました。

そしていよいよ来月、卒業が決まりました。

現在の状況と心境を簡単に
まとめると・・・。

チェック現在も別居ですが、ふたりの家を行き来して泊まることもある。
チェック家はどうするのか、今後どこに住むのかの話し合いをしている。
チェック新婚生活のようにとまではいかないにしても
チェック今はとても楽しい時間を過ごしている。
チェック二人で旅行にいけるまでになった。
チェック旅行先が不倫女性と行っていたとしても
チェック気にらないわけではないが、ふたりの思い出として書き変えたい気持ちがある。
チェック不倫をお互い笑話にできる。
チェック不倫で相手を責めることはない。
チェック自身も反省点を認めている。
チェック不倫は許せないがしたことは仕方がないと心に収めることができるようになった。
チェック夫から反省している言動を感じる。

などなど、あげれば切りがないぐらいふたりの関係は変わりました。

まだ別居中で一緒に住めば感じることも変わって来るでしょう。
それもその方は冷静に受け止めておられます。

印象に残った言葉は、別居当初は不安いっぱいでしたが離れることで、自分の人生を大切にしたいと思えたことが本当に良かった。離れていなかったら自分の人生という形で夫婦関係を考えられなかった。今でも夫!夫!となっていたと思います。
今は修復という形にはなっているが、もし、夫が今後何か疑わしいものがあれば、すぐに離婚する覚悟もある。やはり覚悟を持てたのも自分の人生を大切にしたいと思えたからですというのです。

夫婦が新しい道に進まれますが、今までとは全く違った道。今までなら居て当たり前の世界から、今日は一緒にいるけど、明日はわからない。
わからないが、今は一緒にいるから一緒にいる時間を大切にする。問題が起こる前とは違う道がふたりには用意されていたのです。ギリギリといえばギリギリの道。またこれが本来の形なのかもしれませんね。

私は6年間そばで見て来ました。
今では、冗談で不倫をネタにして笑うこともありますが、一番苦しい時期も知っています

この方を見て危機的な状況から抜け出すヒントを、セミナー前にまたもらったように感じます。

そこで、11/30(金)に開催する「危機的状況をどう乗り切るのか? 乗り越えた人がしてきたこととは」
セミナーでは、どうやって危機的状況を抜け出しのか話たいと思います。そして修復へのきっかけも話せたらとおもいます。(ご本人には許可をいただいております)楽しみにしてください。
ヒントがいっぱいあるかと思います。

いとうゆうじでした。
この記事はメルマガからも読めます!

メルマガ・LINE限定記事も配信しています。
よかったら登録ください。
LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【福岡】11/15(木)16(金)17(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【滋賀】11/18(日)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖
check【名古屋】11/20(火)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【大阪】11/21(水)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【札幌】11/23(祝・金)《札幌》面談カウンセリング札幌
check【東京】12/3(月)〜 9(日)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【仙台】12/10(月)《仙台》面談カウンセリング

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

 
 

 
 
 


私のマイナスパワーの元が何か・・・ 気づいた途端、涙が溢れてきました

★ 私のマイナスパワーの元が何か・・・ 気づいた途端、涙が溢れてきました

先日札幌での1年間じっくり學ぶ夫婦心理学講座
での出来事

受講生のひとりは
ご主人の不倫から修復されました。ご主人も今では深く反省されて周りから、夫の裏切りはあったものの今態度を見ればそれはそれでよかった状況だと言われるぐらいだったのです。ご本人も深く反省している夫の態度は感じるそうです。ですが、辛く苦しい気持ちに苦しんでいるのです。
特に夜になると襲うネガティブな感情。

ネガティブな感情に教われたとき、どうしようもない怒りがこみ上げてきます。
その怒りは夫や不倫女性に向かい、どこにどう向かえばいいのか苦しんでおられたのです。

1年間じっくり講座の前半は、カウンセリングの時間です。
その方今の心境をお聞きしていました。

すると・・・。

「話をしたら楽になるとは言われるが私の場合は楽になるよりも、なんで話したんだろうと苦しくなる」と言われました。これもよくありますよね。話したなら楽になる説。

確かに不倫問題は一番理解してほしい相手に一番理解してほしい気持ちを理解してもらえない
やり場のない気持ちを溜め込んでいます。
だけど、夫本人ではなく第三者だとしても溜め込んだ気持ちを吐き出すと楽になる一面があるのです。

あるのですが、全てが楽になるのではなく
話すことで逆に虚しさを感じて苦しくなることもあるのです。
受講生の方は後者で
話すと苦しくなる虚しくなると言われていました。

私は、この方のこれまでの言動・心境を見てきたので
(これが1年間じっくり講座の良い所なんですよね。1年間付き添うわけですからサポートしやすいわけです)

過去の言動と、先程話した話しても楽にならないくだりが、あるつながりを感じました。(ここでは守秘義務があるため公表できませんがお許しください)
それは長く苦しんでおられた怒りの感情。
ネガティブな感情の根でした。

気がついたことを話すと、私の言葉に何か気づかれたようで涙があふれていました。
しばらく沈黙の時間が続き、発した言葉は

本当にそうです。何故、私が夫を許せない感情にとらわれていたか分かりました。
私の怒りの根はそこにあったんだと気がつきました。
認めなきゃいけない、なんて酷いんでしょうね。
私。

ちょっとニュアンスは違うかもしれませんが意味合いとしてはこのような発言をされたのです。
その後にもらった感想です。

昨日の講座で

ゆうじ先生のひとつひとつ掘り下げて
私のマイナスパワーの元が何か・・・
気づいた途端、涙と鼻水が溢れてきました。

ゆうじ先生・・・神だわぁ。

何がマイナスパワーの源なのか。
ご本人では気づきにくい。気づきにくいからこそわからない。

わからないからどうすれば良いのかがわからなくなるのです。
だからカウンセリングの時間は自分ではない第三者の目から相手を見る時間は貴重です。

離れた目からみるからこそ、相手を深く感じれるわけですね。
でもそれは時には辛いことを伝えなければいけないこともあるのです。

ご本人が向き合わなければいけないことを
伝えしなくてはいけない時もあるのです。

今回の私が感じたこともご本人にとってはとても辛いことで
醜い自分を感じなければいけない気づきだったのです。

この不倫問題で醜い部分を感じる人もいるでしょう。
感じたくない感情を感じてしまうのもこの不倫問題では仕方がないこと。

だけど、醜いままではネガティブな感情に自身が苦しまなければいけない。そこから離れるために必要なのが、自分を守ってきた自分から、大切なことを守る範囲を広げること。自分から離れる勇気を持つこと!それは、もう一度何を大切にして生きるのか大切なことを大切にして生きる力を取り戻すことになるのです。

言葉にすれば簡単なんですが、実際やろうと思うととても難しいものです。

それでも修復のプロセスには必要不可欠なものと言えるのです。
このあたりはセミナーを聞きにきてください!と宣伝です(笑)

ここからが、夫がどうとかこうとか、相手ではなく自分になってくるからこそ
人生の責任が自分にシフトする段階。
ここが一番苦しくてされた側の一番の踏ん張りどころと言えるでしょう。

いとうゆうじでした。
この記事はメルマガからも読めます!

メルマガ・LINE限定記事も配信しています。
よかったら登録ください。
LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【東京】11/2(金)〜 9(金)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【滋賀】11/11(日)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖
check【福岡】11/15(木)16(金)17(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【名古屋】11/20(火)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【大阪】11/21(水)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【札幌】11/23(祝・金)《札幌》面談カウンセリング札幌
check【仙台】12/10(月)《仙台》面談カウンセリング

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

 
 

 
 
 


【修復事例】職場の不倫 小さいお子さんがいながらも別居から離婚を強制される 修復までの道のり

★【修復事例】職場の不倫 小さいお子さんがいながらも別居から離婚を強制される 修復までの道のり

今日は、滋賀での面談カウンセリングが続きました。
その中で、ご主人の不倫が発覚したのは2年前。
相手は職場の女性でした。

スマホから発覚したものの
その行為を夫は責めて
「勝手にスマホを見る相手とは一緒にやっていけない」と
自分のことは棚に上げてお決まりの言葉を投げ捨てる始末。

発覚後は、小さいお子さんが居ながらも
リビングでは堂々と不倫女性とスマホで連絡を交わし
子供たちと遊ぶこともなく、さらに妻には暴言・無視・否定・拒否の日々。

妻はそんな夫の言動に耐えれず別居をしたいと告げたのでした。

別居後、不倫関係は続き、夫は「離婚をしろ!」と
強制的に話し合いの場を設ける。

妻は「離婚は考えらない」
「子供達のことを考えると離婚できない」と夫に告げるが
夫は「気持ちのない相手とは一緒にいられない」
「続けたいと思えない」「愛情もない」妻の人格を否定・拒否するかのように
離婚の意思を言ってきました。

周りからは「そんな相手離婚したらいい」
「離婚しかない」と言われるが、それでも妻は修復の望んでいました。

カウンセリングの中でもなんども離婚した方がいいのかしない方がいいのか
葛藤を繰り返していましたが
最終的には自分の気持ちを大切にすると修復を目指す方向でサポートし続けました。

が、日々葛藤の連続でした。

別居が続く中、夫は夫の都合で家に押し掛けては離婚の話をしてくる。
「なぜ離婚できないのか!」
「気持ちはない」
「離婚できない理由を教えろ!」
「子供のことが大事だからと言いながらも自分を守るためだろう!」と
離婚の意思が変わらない言葉が妻を苦しめる。
(おいおい、あなた(夫)こそ自分を守るためだけでしょうと突っ込みたくなりますが)

何を言っても
「離婚しろ!離婚しろ!」と、強制的な態度で
離婚を告げる夫にどうしたらいいのか妻は悩む。

「離婚しろ!離婚しろ!」と言われ続けると
離婚しない離婚できない私がダメなのかと、また葛藤を繰り返す。

そんな中で、約2年。
夫の不倫問題は状況を変えていった。
状況が変われば夫の気持ちも変わる。
変わる中で、ようやく夫は子供達のことを考えはじめれるようになったと
同時に妻への気持ちも徐々ではあるが変化を見せた。
(こういう場合は妻への気持ちよりも子供への気持ちの方が強い)

ここから何があって修復までに至ったのかは
プライバシーに関わる内容を含めているため掲載できませんが
それから夫は妻に離婚回避を告げた。
そして現在は不倫女性とは完全に切れて別居解消している。

夫、妻、二人の子供と共に過ごすまでになったのです。

電話からカウンセリングに申込みくださった時
「はい。いとうです」と電話に出ると
妻はすでに涙を流しながら「カウンセリングの予約をお願いしたい」と言ってきました。

私は非常に辛い時期でどうしようもない
どうにかして欲しい助けて欲しいという気持ちを感情のままに感じました。
少し話すと、涙を流す声も感情も大きくなっていったが
電話で少し話したせいか「最後には予約ができて安心した」と告げられました。

それからの2年間の出来事は
私も鮮明に覚えていながらも
予約してくださった声と、今日お会いしたときの声の違いを感じたのです。

まだまだ不安も大きいかと思いますが、妻の耐え抜いた結果の今。
大切なことを守ってきた結果。
ただそれは相手ありきなので、夫を取り巻く環境や状況が
大きく変化し夫の心に影響したからこその修復までの道のりだったと言えるようです。

いとうゆうじでした。
この記事はメルマガからも読めます!

メルマガ・LINE限定記事も配信しています。
よかったら登録ください。
LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【名古屋】10/23(火)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【札幌】10/26(金)《札幌》面談カウンセリング札幌
check【東京】11/2(金)〜 9(金)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【滋賀】11/11(日)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖
check【福岡】11/15(木)16(金)17(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【大阪】11/21(水)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【仙台】12/10(月)《仙台》面談カウンセリング

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

 
 

 
 
 


50代夫婦 夫の4年の不倫から修復 不倫発覚後から絶え抜いた3年間があってこその修復

★ 50代夫婦 夫の4年の不倫から修復 不倫発覚後から絶え抜いた3年間があってこその修復

これだけカウンセリングの件数をやっていると
多数の修復事例はあるのですが
カウンセリングは守秘義務を守ることを前提にしていますので、ブログには中々公開できません。

この事例とても読者の方にも参考になるだろうなぁと感じていても
修復されたとは言え、どこかご相談者をネタにしているようで
私自身も公開することに抵抗を感じることも。

抵抗とそれでも何かヒントになればという想いが葛藤しながらも
ご本人に許可をいただき公表させてもらうこともあるのです。

プライバシーを守りながら修復事例をお伝えしたいと思います。
(ご本人には掲載の許可をもらっています)

夫50代 妻50代 お子さんはふたり。
お子さんはふたりとも、成人して今は一緒に暮らしていません。

その中で、夫の不倫がわかったのは3年前。
発覚後、わかったのは夫の不倫は4年続いていたこと。
相手は夫の趣味の仲間だったのです。

発覚後はスマホから。
スマホを見た妻はそのまま夫に事情を聞くとあっさり夫は白状しました。
なぜ不倫になったのか
不倫後どのように会っていたのか
不倫相手をどう思っているのかなど事細かく妻に話しました。
妻とは離婚したいと離婚の意志を夫は伝えたのです。
夫は不倫女性と一緒になって再婚するというのです。
だから離婚してくれて・・・。

発覚後、不倫女性の事を話した夫は開き直り
週に1回堂々とは言いませんが
趣味の時間だからの外出。

趣味の時間は趣味も楽しむものの不倫女性と会うことになっているのです。
女に会うとは夫は言いませんがこのように趣味と言って週に1回必ず会っていたのです。

妻は「どうせ女に会うんでしょう!」と罵倒しても
夫は会うのではなく趣味を楽しんでいるだけだと言い張ります。
妻が言えばさらに言うもんなら趣味も楽しめない人生ってなんだ!と逆ギレして
それなら離婚しかないと妻に攻め寄るのです。

年月とともに何も言えなくなってきました。

そんな中で、夫は趣味と言っては堂々と女と会う始末。
それを見て見ないふりをしたり
時には夫からもう離婚しかない離婚してくれと言われたり
自由にさせてくれ、俺の人生を大切にしたいも言われたり
罵倒を浴びせられたり
成人したんだから親に役目は果たしたから離婚してくれなんて言われながらも、3年が経過しました。

(その中ではもっと細かくお伝えしたいこともありますがお伝えするとプライバシーが守れないためお伝えできません、申し訳ありません)

3年が経過した頃どうも夫の言動を見ると女と別れたよう感じがしてきました。それと同時に妻に対して優しくなってきました。
(やはり女がいる時といない時の夫の妻への態度はわかりやすくなるものです。よく観察しておいてください)

上記のような夫の言動が見えなくなってきたのです。
それから夫婦で共有する時間が増えてきました。
例えばランチに行ったり旅行したりまた子供達が家に帰れば家族で食事をしたりと明らかに不倫をしていた渦中より穏やかな夫の姿を見えてきたのです。

ただ夫は不倫が終わったとも
妻と今後を一緒に生きていくなど意思表示もなく過ごしているのです。

妻も怖くて何を考えているのか夫には聞かせませんが
それでも明らかに家に妻に心が戻りつつある今を感じていることは間違えありません。

妻も不安は変わりませんが
言葉を交わしたとしても言葉は信用できない
ただ夫の今後の言動を見ていきますと私に伝えてくれました。

私も同感で安心する言葉が欲しいけど、言葉はとても裏切りやすいものです。
それよりも大切なのは夫の行動ではないかと思っています。
まだ修復の段階なのかもしれませんが、不倫発覚後耐え抜いた3年があっての今。
妻の底力を感じた修復の一歩だと感じましたね。

いとうゆうじでした。
この記事はメルマガからでも読めます

メルマガ・LINE限定記事も配信しています。
よかったら登録ください。
LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【東京】9/2(日)〜 8(土)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【福岡】9/13(木)14(金)15(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【大阪】9/18(火)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【名古屋】9/19(水)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【札幌】9/22(土)《札幌》面談カウンセリング札幌
check【滋賀】9/30(日)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)