結婚して子供もいる家もある。安定した仕事がある、しかし、心が満たされない 現代病

★結婚して子供もいる家もある。安定した仕事がある、しかし、心が満たされない 現代病

いとうゆうじです。

この人と一緒になりたいと思える人と結婚できた。
ある程度の年齢で結婚した。
子供も授かった。
住まいがあって安定した仕事がある。
休暇もあって、たまには夫婦・家族で旅行にも行く。

それほど多くはないが、それなり友達はいる。

一般的な社会の常識として、結婚して子供を授かり、仕事をしている形は整っているが、何かとつながっていない。心が満たされないのです。

周りから見ればすべて揃った家族に見えても
本人しかわからない心の幸福度は低い。

仕事ができない時代もありましたが、今は仕事を選ばなければ食べていけます。物も少ない時代がありましたが、今は物にあふれています。そう。幸せになるためにっと、日本は生活力を高めていきました。

が、しかし、心が満たされない。心は幸せと感じていないのです。

幸せになるために、物や質・サービスの向上ばかりに意識がいき、何が大切なことを忘れてしまった。その忘れたものを、これから取り戻さなくてはいけないのです。

これは、現代人が抱える課題のひとつなのです。

shotstash_0135-460x307

夫婦関係を中心とした生き方が学べる講座がクリック「1年間じっくり學ぶ夫婦心理学講座」
です。東京は募集しておりませんが、滋賀開催で募集します。

詳細は決まり次第、お知らせしますね。
この記事はメルマガからでも読めます

物には囲まれていますが、幸せを感じません・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


昔話しを自慢げに話す男性の心理 ~男性の自己受容と女性の自己受容の違い~

昔話しを自慢げに話す男性の心理 ~男性の自己受容と女性の自己受容の違い~

いとうゆうじです。

あなたのご主人や男性の友達、職場の仲間で「おれは昔、不良で(今の言葉でヤンキー?)他校とケンカしたり先生によく注意を受けていた!」「俺は昔○○をした経験がある!」と昔話を自慢している話を聞いた経験は一度や二度はあるのではないでしょうか。

または「この道路は(仕事で)俺がつくった」「俺は、これが正しいとおもう!」「絶対○○だ!」と、自分の意見を強く主張したり押し付けたりするタイプのご主人かもしれませんね。

過去の自慢話や強く主張する言葉を聞いて

「あなたのことを見直したわ!」「へぇ~そうなんだ!」「○○さんてっすごいね!」「そういう意見もあるよね!」と本気で共感できればいいのですが、心の中は「また始まったよ・・・」「はいはい(うんざりした様子)」「もうええ加減にしてほしいわ」「私に押し付けないで!」と感じていることが多いようです。

(私を含み男性は心得ておきましょう。特に会社がらみで上下関係がある方は)

話している男性は、気持ちよいかもしれませんが、話を聞く側は、気持ちよくなるどころか不愉快な気持ちになります。
男性は、このように自慢する主張を強めるタイプの人が多いようにも感じます。

(反省(笑))

Life-of-Pix-free-stock-man-aged-bar-MAXMARTIN

なぜ男性は、昔話しの自慢したり、強く主張したりするのでしょうか。

男性は女性に比べて、社会とつながる生き方が中心なので、社会に役立っていると認識しなければ、自分の存在が感じられない。生きていけないと感じているからです。

役立っていないというのは、自分の価値を感じられない、役立たずなのは無価値観を感じるため、俺は役立っているんだ!と強く主張して、認めてほしいことを強制しようとする力が働くのです。

つまり、不安?いやいや男性にとっては、恐怖に近い感情を感じるために、認められたい!そんな気持ちの表れから、自慢したり強制する力を見せつけるようです。

しかし、認められたい気持ちは、女性にもありますよね。

男性と女性とでは、認められたい気持ちの種類が、ちょっと違うような気がします。というのも、本来日本は女性中心の生き方。母性に支えられて生きています。母親のような守りがあって生活がある、その母性に支えられて、父性があるのです。

地に根を張り動じないそんな力が母性なのです。

女性も、認めらたい気持ちはあるが、地に根を張るように、私というアイデンティティーは、男性よりも安定しているように思います。

認めて!認めて!と意識上で認めてほしい男性。認めてほしい気持ちを持ちながらも、私と何かが繋がっている感覚がする女性。(女性は生命全体とつながっているかと私は過程する)

天候によって体が敏感に変化する。
子供を産める体がある。

男性よりも女性の方が神秘的ですね。
だから月のサイクルや占いなど、目に見えないことを女性は信じれる力があるのです。

目に見えないことを信じれる力があるから、男性のように見える形で「認めて!認めて!」と強制することは少なく、女性はどちらかといえば、やったことよりも存在を認めてほしい。

男性の話に戻りますが、素直に「俺なんか認められてない感じがするんだよね」と言えればいいのですが、男の子は弱音を吐いてはいけないDNAが深く残っているため、弱音を素直に表現できず「俺はすごい人なんだぞ!」「俺が正しい!」と自己主張を強める。また、強く主張することで「認めてくれ~!」「俺は寂しい・・・」という気持ちを表現しているのです。

特に自立心が強い男性は強さを求め、弱音は見せないどころか弱いところなんて俺にはないとまで、自分に言い聞かせて生きているところがあります。感受性の強い女性なら、自立心の強い男性を見抜き、本当は弱音を吐きたいんだね。安心した場所を求めているんだねということがわかっています。

男性は、本来とても弱い生き物。

それは母性で守られている日本全体を含めたところからきているようにも感じるのです。

こちらの記事も参考に!
クリックなんで夫は感情を表現しないでしょうか?

この記事はメルマガでも読めます

難しい話でしたがためになりました!という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


元気だからと言ってなんでもできると思う男性 〜後悔したと感じないと後悔しない〜

★元気だからと言ってなんでもできると思う男性 〜後悔したと感じないと後悔しない〜

いとうゆうじです。

離婚後、鬱になるケースは男性の方が多い。
また退職後の鬱傾向になる男性は多く、
離婚後の自殺率も男性の方が多いようです。

これは何を表しているかというと、なんて言わなくても察しがつきますよね。

元気だからなんでもできると錯覚して、老年期のことなんて考えない。
今は元気だから気持ちを優先して後先考えない。

やれているうちはやれない人生なんて考えられないものです。
人間だから後悔と感じないと後悔しない。

ひとりになっても女性は生きていきやすいが、男性は生きにくくなります。
だから男性は、元気なうちに威張って強さをアピールしているのです。

クリックこの記事はメルマガからでも読めます


うちの夫です。強くもないのにアピールしてますね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


妻に病気が見つかったら、どうしますか? 〜それでも不倫関係続けますか?〜

いとうゆうじです。

もし、不倫をしているあなたの奥様に病気が見つかったらどうしますか?

子供達は、お母さんの心配をして毎日病院に通っています。
「お父さん、お母さんのこと心配だね?」と、子供たちから問いかけられます。

あなたはそれを見て何を感じるでしょうか。

いろんな立場で考えさせられる記事を、菊井がブログで書いています。
よかったらお読みください。

さらに、合わせて読んでもらいたい、観てもらいたい映画があります。

ブログでも何度か紹介しているので、読んだよ!という方もおられるかもしれませんが、私は先に小説で読んでいましたが、昨日映画版でこちらを観ました。それは、山田悠介さんの「その時までサヨナラ」です。

その時までサヨナラ/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp
【文庫】 その時までサヨナラ (文芸社文庫)/文芸社
¥648
Amazon.co.jp

特に、不倫している男性で修復を考えている方には大切なことが何が感じ取ってもらえる作品です。そして、不倫しているとか関係なしでも、男性の生き方を見つめ直すきっかけになるでしょう。

菊井の記事と合わせて一度しかない人生・・・
立ち止まってください。

クリックこの記事はメルマガからでも読めます!

読んで考えさせられました・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


表面的な私をつくるために必死になる 〜満たされない心〜

いとうゆうじです。

私たちは、表面的な自分を形成するために必死になって生きています。
そのため内面が置き去りになり、必死になり過ぎて心の悲鳴が聞こえません。

どれだけ表面的なことを取り繕うとしても満たされない部分があります。
それが『心』です。

表面的な部分を作るために頑張っていても、心が満たされないのです。

どこか満たされないと感じているため、満たすためにまた表面的な部分を作るのに必死になります。

この悪循環で生きているのが、私たちです。

置き去りにしたなんとも言い難い、心の悲鳴は、止らないと聞こえません。
止めるために夫婦に問題として投げかけてくれています。

どれだけ頑張って幸せを感じれない。満たされないと感じている内面。
それを補う為に表面的な自分をつくるために必死になっているのです。

内面の悲鳴をあげていますね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報