【DV・モラハラ】その我慢は本当に必要ですか?一度考えてみてください!

★【DV・モラハラ】その我慢は本当に必要ですか?一度考えてみてください!

いとうゆうじです。

滋賀から福山で講座を終えて、広島に移動しています。そして明日開催する広島面談カウンセリングはありがたいことに満席で受付終了しています。17(木)18(金)福岡面談カウンセリングは、若干数受付可能です。

クリック8/17(木)18(金)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム

福山の講座でもテーマになっていましたが、家族の中で「私さえ我慢すれば争いが起こらない」と、家族の攻撃性を受け持つ役割の人がいます。その役割が今、誰かのためになっているのかを考えるということがテーマになっていました。例えば、ご主人や奥様のDVに耐える人、モラハラの夫に耐えしのでいる妻、ご主人の堪え難い言葉の攻撃に耐えて家族に言い争いが起こらないように耐える妻など、その役割を担うことで、夫婦や家族に争いを起こらないように攻撃を吸収する役割を担うのです。この役割は、生育がとても大きく影響していることが多く、攻撃を吸収する・我慢することで、父親や母親、兄弟・姉妹を助けてきました。この我慢する生き方が自然になってしまうこともあるのです。自然になっているため、我慢している痛みを感じるものの、それでも私が我慢すればそれで丸く収まると思うものです。確かに、家族の誰かが我慢していることは多かれ少なかれありますが、それが程度を表すことは難しいのですが、適度を超えたところで我慢をしているとすれば、それは誰のためになっているのかを一度考えてほしいと願うのです。

耐えている人は、争いが起こらないようにしているが、争いが起こらないということは、本当によいことなのか?争いが起こらないことで、逆に私だけではなく、私以外の誰かも我慢しているのではないか?それで家族は本当に幸せな形をつくっているのかを考えてみてほしいのです。今回は我慢をしている母親。そのことで家族に争いが起こらない。起こらないが、それを耐えしのぐ母親を見て子供は何を感じるだろうか・・・。子供は耐えしのいでいる母親を見て何を感じるのだろうか?そんなことを考えさせられる話が話題にあがっていました。

争いは、良いものではない、争いが起こらない夫婦や家族は良いとされていますが、本当に争いが起こらない方がいいのでしょうか。私がこんな疑問をもつのは、争いが起こって夫婦や家族が再構築したケースを何度も見てきたからです。再構築するためには一度は壊さないと構築はできません。家でもそうですが、一度作った家は壊さない限り、より理想に近づく家は作れないのです。家はお金がかかりますが、夫婦・家族はお金がかかりません。お金はかかりませんが壊すことはリスクがついてきます。リスクを冒さないで今のまま我慢していくのか?リスクをおってぶつかっていくのか。それが、正しいということはありませんが、もし、今あなたは幸せを感じない人生が続いていると感じているのなら、それは生きることを感じるタイミングに来ているのかもしれません。

あなたの個性はどこに行ってしまったのか?我慢の限界と感じたなら、あなたの個性が悲鳴をあげているようです。ただこれまでの生き方やパターンを変えることはとても難しく大変で困難と何度も向き合うことになるのですと付け加えて…。

クリック9/5(火)11時から開催する「夫婦カウンセリングでわかった!男女関係の違いがわかるコミュニケーションセミナ」ご検討ください。

この記事はメルマガからでも読めます

ずっと我慢の人生を生きていますね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

日本列島出張カウンセリング情報

check【広島】8/15(火)《広島》面談カウンセリング広島
check【福岡】8/17(木)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【大阪】8/22(火)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【名古屋】8/23(水)24(木)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【東京】9/4(月)〜9(土)《東京》面談カウンセリング東京タワー

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法


▶︎カウンセリングの料金・相談内容について
▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

不倫修復に役立つ!無料メール・カウンセリング

ブログの記事があなたのメールに届きます!
▶︎「不倫・離婚・夫婦不仲、どうすればいいの? 悩む女性の解決メルマガ」

 
 

 
 
 


【モラハラと私】モラハラから抜け出す一歩、私と夫を区別するところから

★【モラハラと私】モラハラから抜け出す一歩、私と夫を区別するところから

いとうゆうじです。

本来、夫婦や家族は、それぞれの意思を尊重してこそ成り立つ関係である。しかし、夫(妻)がモラハラやDVといった言動がある場合、意思を奪い、意思を失う。そして、肉体的・性的・精神的な危害や苦痛、人格を脅かす。

このように、夫の暴力や言葉での威嚇、罵倒などの、DV・モラハラで、悩んでいる女性は多い。このとき女性が被害に合うことが多いのは、長くあった歴史が影響しているからだと言える。男性は、女性や子供を支配する時代があった。夫が妻や子供に対して支配力を持っていたのは、男性は強かったからではなく、社会が生み出していたからです。男尊女卑があり、長く女性が人権の被害を受けていました。

しかし、女性の人権が認められるようになり、ようやく苦悩の声が、社会に届くようになってきた。それでも、まだまだ女性の被害が表に出ることは少ないと言えるでしょう。社会背景の名残があることと、その方の性格などから、悲痛の思いを受け止めて、沈黙を貫いている、我慢している現状があるのです。社会背景の名残など興味のある方は調べてみてください。私の専門は「心」ですので、性格に焦点を当ててみると、ご相談者の中で、DV・モラハラで悩んでいる方には、ある特徴があります。

それは・・・

私が我慢したらいいと口癖になっている
お金を使うことに罪悪感を感じている
悲しい辛い苦しい気持ちを抑圧している
頑張りやさん
犠牲になればよいと思っている
ご主人を助けたい気持ちが強い
周りの意見が耳に入りにくい
責任感が強い(ご本人は自覚がないこともある)
私の努力不足だと感じている

などが挙げられます。

上記のようなところがあると、私と夫が、同一視してしまい、誰の気持ちで、何が問題なのか見えない状況に陥ってしまうことが。問題を切り離すことができず、私さえ我慢すれば、この問題は問題ではないと感じてしまう幻想の世界で生きることになります。我慢すれば、関係が改善されると思っているかもしれませんが、我慢しても改善されません。逆に、悪化することが多い。

暴力が暴言がある→優しくされる→許してしまう→また暴力や暴言がある。と、DVモラハラには悪循環のサイクルが存在するのです。そのため、気が付かないところで、あなたの自尊心・自信・自己肯定感を蝕んでいきます。そして、無気力になり、現状から抜け出しにくくなります。

そこで、DV・モラハラ夫から抜け出す一歩として、客観的な意見を受け入れてみることで、夫の気持ちから離れらるようにしてください。いきなり、離婚や別居などとなるとハードルも高い上に、これまでの生活がありますから、まずは、夫の気持ちから離れられるように、周りの人の「被害を受けている」という声を自分のものとしてください。と言っても、意見が入らない、我慢すればなんとかなる、あの人は本当に優しい人、私が助けなければとなるということも頭に入れながらも、それでも、意見に耳を傾けてください。

【追伸】
DV・モラハラを受けていると気づかない人も多い。気がついたとしても、カウンセリングや相談機構に相談するまでには至らない。「私に悪いところがあるから」「夫に何を言われるかわからない」「どうせ話しも解決にならない」と・・・。カウンセリングに来られる方の中にも、ご相談までは来られますが「どうしようもない」「話せてよかった」で終わってしまうことが多いのが現実です。

この記事はメルマガからでも読めます

私の夫がDVかもしれません・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

日本列島出張カウンセリング情報

check【福岡】7/14(金)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【滋賀】7/15(土)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖
check【大阪】7/18(火)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【名古屋】7/19(水)20(木)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【北海道】7/25(火)26(水)《北海道》面談カウンセリング北海道
check【東京】8/1(火)〜9(水)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【広島】8/15(火)《広島》面談カウンセリング広島

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法



▶︎カウンセリングの料金・相談内容について
▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

不倫修復に役立つ!無料メール・カウンセリング

ブログの記事があなたのメールに届きます!
▶︎「不倫・離婚・夫婦不仲、どうすればいいの? 悩む女性の解決メルマガ」

 
 

 
 
 


暴言、脅迫、数時間に及ぶ罵倒、束縛等による心的影響を与えるDV行為

夫、暴言、脅迫、数時間に及ぶ罵倒、束縛等による、心的影響を与えるDV行為。

私(自我)を取り戻すためには、夫から逃れるよりも、
突き動かされるご自身の無意識との葛藤が本当に大変なのです。

私は単にDVの夫だから離婚しなさいというレベルではなく、夫の言動を見ながらも、心の根底にある距離感。そんな心の距離をつくる、妻の無意識に犯される葛藤を感じながらも、建設的な距離を取れるところを見ています。とはいえ、緊急性は間違えなく頭の中が占めているのです。

【参考記事】
▶︎夫のDVから自分を取り戻したカウンセリング ~幸せにしてあげられなかった後悔が解消された~

▶︎この記事はメルマガから読めます!

私も夫のDVで悩んでいます・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報