■自分の価値を確かめるために不倫をする

 

浮気・不倫は、わざと相手を傷つける行為を通して、
自分の価値を確かめる行為と言えば
どう感じるでしょうか。

浮気・不倫をする原因のひとつに
自分の価値を確かめる行為として浮気・不倫をするケースもあります。

相手を傷つけ自分の価値を高めたいという
なんとも理不尽な

理由ですよね!!こんな感じです・・・

浮気・不倫をされた人は
心が動揺したりまた怒りを感じたり、平常心でいられません。

そんな姿を見て
「お!やっぱり動揺してるよね。それだけ俺はお前にとって価値のある存在」
ということを知りたい。

「自分の価値を知り安心したい心理」があります。

逆に言えば、「え、不倫してたの?」と
あなたは動揺もしない、彼に無関心、傷つきもしないようでしたら
彼は、「え、お前にとって俺ってそれだけ価値がないわけ?」
影響力のない自分に無価値観を感じます。

無価値観があおられ、さらに浮気がエスカレートする人もいますね。

相手が、不倫しているわけだから
勝手に無価値観でも感じてろよ!と思うわけですが
不倫をした側からすれば、それはあなたと別れたいわけでも、
嫌いだから浮気・不倫をしたのではなく
愛情があるのか不安だから浮気をして確認したかったということもあります。
(結局のところ好きなんですよね)

相手が動揺もしているとわかれば「俺は愛されている」ことが実感できる。

また、浮気・不倫を隠しているようで
見つかってもいいと思って浮気をしている人もいます。

どのような反応をするのか?
俺に愛情があるのか?

不安を解消したいようです。

浮気・不倫で、愛情を確かめるような危険な行為ではなく
ふたりの関係から愛情を感じてほしいものです。
 
 

 
 
 


■気心しれた友人に相談するときは注意が必要!

 
私のことも、よく知っているから
気心しれた友人に相談にのってもらっている。
という方おられるでしょう。

相談できる友人がいることはよいことですが
注意してもらいたいことがあります!

それは、友人への配慮です。

不倫発覚後、友人はあなたのこと心配してくれます。
最後まで話しを聞き、親身になってあなたにアドバイスをしてくれたことでしょう。

しかし、毎回のように聞かされる
あなたの悩みに、うんざりしているかもしれません。

特に、不倫問題はストレスが溜まります。
誰かに聞いてもらいたい、悲しい気持ちを理解してほしいと聞いてほしい願望が強くなります。

さらに友人だから、話しを聞いてくれると安心します。

気心しれた友人だから
あの人は絶対に大丈夫と思っていても
毎回聞かされるあなたの話しには、耳が傾きにくくなります。

友人とのランチ会、結局話しをしているのは、あなたなんてことになっていませんか?
友人がいつでも話してくれてもいいよという言葉に甘えていませんか?

友人に甘えることもいいですが、配慮もしてあげてください。

大変なのはわかるし何かしてあげたいけど、いつも同じ話しでは正直しんどくなるよ
という友人の話しを聞いたことがあります。

不倫の悩みから友人まで離れていったというご相談も伺います。

友人への配慮や距離感。
大切にしてください。
 
 

 
 
 


■不倫・浮気相手はなにも人だけではありません!

 

不倫をされた側の心理には
不倫された人よりも自分は価値がないと感じるため
どこか負けたような
自分の価値が下がるような感覚が起こります。

それが不倫の堪え難い心理です。

愛している大切にしているパートナーが
あなたが以外の人を好きになり
あなた以外の誰かのために時間をつかっているとしたら
寂しくもなり悲しい気持ちになりますよね。

幸せなときは、予想もしなかった出来事だけに
ショックも大きいものです。

しかし、それは不倫相手は人だけとも限りません。
彼が何に一番時間を使っているか、これも浮気相手になる場合があります。

たとえば、彼が趣味や勉強、それにアルバイトに夢中になっていたら
月4回のデートが月1回に変わり
「約束してたけど、外せない用事ができたから、今日のデートキャンセルね!」と
言われると
私以外に大切な時間があるんだ
私よりも趣味の方が、大切なんだと寂しく感じるでしょう。

旦那さんの場合でも
今日も仕事で、明日も仕事で、仕事!仕事!と
言われれば、私との時間よりも仕事の方が大切なのね!
仕事に嫉妬する場合もあります。

どちらにしても、浮気相手はなにも人だけとは限っていません。
彼や旦那さんが趣味や勉強、アルバイトや仕事に熱中することで、このような図式になります。

私 〈 趣味・勉強・アルバイト・仕事

浮気の原理と同じく、あなた以外に興味があり
あなたの価値が下がるような気持ちになり、嫉妬します。

仕事だから、趣味だからと
頭では嫉妬するものではないとわかっていても
嫉妬してしまう。

人ならそれ以上に、嫉妬心が強くなり、心が苦しくなり悩んでしまいます。
それに、逆のことも考えられます。

もし、あなたが何か夢中になるものがあるとしたら
相手は、浮気をされていると嫉妬しているかもしれません。

パートナーとの時間と
やりたいことへの時間のバランスを考えてみてください。

夫が、私以外の仕事や趣味に時間をついやしていると感じるなら
あなたが感じている
今の気持ちを彼に話してみるといいでしょうね。

夫が何に一番時間をつかっているのか?
何を大切にしているのか
その対象が人以外でも浮気の対象になることがあります。
 
 

 
 
 


■男性の不倫、女性の不倫、どちらが多いですか?

 
男性の不倫で別れるケースはよく聞きますが、女性の不倫でわかれるケースって多いんですか?カウンセリングのお客様から質問されました。

あなたはどちらのケースが多いと思いますか。

「夫の不倫で、別れました!」とは、テレビや雑誌などでも多く取り上げられていますが、女性の不倫で別れたというケースは、男性よりも扱いが少ないように感じます。

私が伺うご相談でも、男性の浮気で悩んでおられる方が圧倒的に多いです。
しかし、実際は、女性の浮気で悩んでいる男性もいると思います。

夫の不倫の相談が多いことからも、やはり男性の不倫の方が多いように感じます。

しかし、過去20年間で女性の不倫が増え、浮気・不倫をした女性は40%以上に増えているそうです。

増えた一番の理由は「経済的自立」だそうです。

不景気とは言っても、昔に比べて女性も働ける場所も増え、また子どもを預ける場所も増えたことも影響があるでしょう。

経済的な安定は、嬉しい反面このように不倫という結果にもつながるんですね。

女性の不倫が40%増えたという研究結果はありますが、まだまだ不倫の確立が高いのは男性だと言えそうです。

 
 

 
 
 


■夫の愛情が感じられないとき 〜過去の痛みから受け取れない〜

 
「本当に、私のこと好きなのかなぁ」
「夫の愛情が、最近感じられないんです」このようにパートナーの愛情が感じられないと不安になったことありませんか?

人によっては、不安な気持ちから、別れるつもりはないのにも関わらず「もう、別れましょう」っと、愛情を確かめるために、発してみたり、また、不安が強くなり、見てはいけないと感じていても、夫の携帯を見てしまう人もいます。 

上記のような心境になった場合、どうように愛されているか、確かめたい、そんな心理が働くことがあります。

不安になればなるほど、夫の言動で一喜一憂し、降り回れていると感じることもあるでしょう。自分だけが、愛しているようで、空しさを感じることもあるかもしれません。

愛が感じられないと、とても大きな不安を感じます。

では、なぜ不安になっているんでしょう。
愛情が感じられないからじゃないの?ということになりますが、ちょっと別の角度から見てみましょう。

たしかに、旦那さんの愛情が薄れてきたという現状があるのかもしれませんが、カウンセリングでも話しを進めると、夫の愛情表現はあるが、それが本当なのか不安になっていることがあります。

言い換えれば、私は愛されない存在かも?と、自分に自信がないため受け取れない。
そんな状態になっていることがあるんですね。

旦那さんは、愛情表現しているが
愛情を、受け取る自信がないといった状態の方も少なくないようです。

根底に、自分は愛されない存在で自分に自信がない・・・と感じているなら
彼のどんな行動でも、彼の投げかける言葉でも、触れ合う事さえ、愛されていると感じれることは少ないようです。

また、彼の立場から見ていくと、愛の表現をしているが、いつも冴えない表情をしていたり、会う度に「ねぇ~私のこと本当に好き?」とか、「私のどこが好きなの?」と聞いてくるのに対して、最初のうちは、真剣に答えてくれるでしょうが、何度も聞いてくる質問には、愛想を尽かし、どうすれば、俺は彼女に好きが伝わるんだろう?と、
彼もまた、不安な気持ちを感じます。

その不安が受けとめれるときはいいでしょうが、受けとめられないとき、もう彼女と一緒にいるのは、辛い、しんどいということになり、浮気に走るケースも多いものです。

この程度ならまだ修正はききますが、場合によっては、愛情を受け取らない彼女に、嫌気がさし別れるケースもあります。

あなたは、今の私では愛してもらえないと自信をなくしている状態。
彼もまた、どうすれば彼女はわかってくれるんだろうと、不安な状態のパートナーも多いようです。

では、どうすれば自信がつくのか?という話しの前に、なぜ、あなたは不安なんでしょうか?と、カウンセリング的な視点で話しをしていきます。

先ほどを話しましたが、一番に感じるのが自信がない私は、愛されるはずがないと感じていることです。

もし友人が、あなたと夫の関係をみたとき、あなたは愛されているよと感じるかもしれません。ただ、彼の愛情を受け取らないようにしている、可能性もあるんですね。

なぜこのようなことが起こるのでしょう。

それは、愛してほしいと願っているが、愛してしまうと、傷つく恐れを感じている、心の防衛反応が察知しているのです。

人は誰でも、傷つきたくないという心理を持っています。
好きな度合いが、大きければ大きいほど、傷つく度合いが大きいので、この心理は働きやすくなります。

傷つきたいないから、彼の愛情を受け取らないようにしているとすれば、それは過去の出来事でなんらかの傷ついた経験があるから。

二股をかけられて別れた、好きだと思っていた彼が当然別れを言ってきた

浮気していた等々・・・

傷ついた経験があり痛みが深ければ深いほど、傷つきたくないという、心の防衛反応はより強力で、心を守ることで精一杯になります。

結果、彼の愛情を受け取れないようになるのです。

本当は愛されたい、でも傷つくかもしれない・・・
だったら、彼の愛情を感じない方がいいのかもしれんない。

でも愛して欲しい・・・

このように愛してほしい心と、傷つきたくない心の矛盾を感じている状態は
とても辛く苦しみを感じます。

それに、矛盾した心が生まれるのは、過去の痛みがあるからです。

もし、あなたもこのような状態だとすれば、過去にどんな痛みがあるからなんでしょう。何があって好きなものを好きと言えないようになったのでしょう。

自信をつける前にまずは、過去の痛みを向き合っていきませんか。
過去の痛みは、現在の夫婦関係にも反映されていきます。

振り返るのには痛みも勇気もいるでしょう。今できない人は落ち着いてからでもいいです。過去の出来事を振り返ってみてください。

夫の愛情が感じられないとき、すべてが過去の痛みというわけではなく、
あるひとつの視点として捉えてみてください。

過去の痛みから、愛情を受け取ることが怖くなった方の場合
過去を癒すことで、また愛情を受け取れるあなたになっているかもしれませんね。

あなたの過去が癒されますように・・・