■6月1日より、スカイプ・電話カウンセリングの料金と時間を変更させていただきます。

 

■6月1日より、スカイプ・電話カウンセリングの料金と時間を変更させていただきます。

夫婦専門カウンセリング ライフワークサロンをご利用いただきありがとうございます。
大切なお知らせをさせていただきます。

 

現在、電話・スカイプカウンセリングは、60分10,000円ですが、6月1日より、90分15,000円に変更させていただきます。

変更理由は、現在、スカイプ・電話カウンセリングの初回カウンセリングは、60分の時間をとっています。しかし、初回対面カウンセリングと同様の、90分の時間が必要と判断したためです。

そのため、5月31日までに、スカイプ・電話カウンセリングを受講される方は、60分のところ、90分10,000円で受講していただけるように準備させていただきました。

但し、メルマガを登録してくださった方、対象とさせていただきます。登録されていない方は、メルマガ登録してから、電話・スカイプカウンセリングに申込みください。

メルマガ登録フォームへメルマガ登録フォームに飛びます。)

カウンセリングが混み合うことを予想をしております。混み合った場合は、お断るすることもありますので、検討されている方はお早めにご予約ください。

カウンセリングのご予約は、こちらからお願いします。私のカウンセリング受付フォームに飛びます。)
 
今後も質の高いカウンセリングを維持し、さらなる向上を目指していきます。
 
 

 
 
 


■不倫問題でドロドロした闇の部分が浮上する。こんな私じゃないっと感じたときの処理方法。

 
★不倫問題でドロドロした闇の部分が浮上する。こんな私じゃないっと感じたときの処理方法。

不倫問題 修復カウンセラー いとうゆうじです。

誕生日プレゼントに、スタッフから、スターバックスのプリペードカードをいただきました。
早速、昨日使ってきましたが、あれ便利ですね。

小銭を出さないで、コーヒーが飲めるから楽でいいです。
カードは、1000円から買えますし、いろんなデザインがあるので楽しめますよ。

一度試してみてください。
 

さて、本題です。

ふっと、こんなことを考えている自分が、イヤっと感じる瞬間ってありませんか?
または、私ってこんな嫌な女だった?と自己嫌悪に陥ることありませんか。

例えば、不倫相手に対して、生死に関することを考えたとか。
夫に対して、本気で、なぐってやろうっと思ったとか、(なぐってしまったとか)

まさかこんな考え方をする自分がいるなんてっと、ショックを受ける。
逆に、そんな自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥ったということが起こる場合があります。

不倫問題が発覚してから、私ではない私に出会う感覚っていうのかなぁ
私が私のことを、怖く感じる人がいます。

なぜこのようなことが起こるのかと言うと
誰しも持っているドロドロとした闇の部分が、不倫という問題で浮上してきたからです。

ドロドロをした闇の部分は、誰しも持っている感情です。
普段は、感じることは良くないものとしているので、普段の生活では感じません。
感じないようにしていると言っていいでしょう。

ですが、不倫問題で、浮上するのです。
不倫問題は、普段抑えてきた感情が、浮上してくるぐらいエネルギーがあるんですね。

だから、普段の私ではない、私が存在して、自分でも考えられない考え方をしてしまうのです。
また、そんな高いエネルギーは、普段受けとめたことがないでのしんどくなるんです。

そんな場合は・・・。

そんな私は私ではないとか
そんな私がいるなんて・・・っと、拒否したくなりますが
もしかしたら、それも私のひとつの感情なのかなぁっと思ってみてください。

悪いことではなく、それもあなたの感情のひとつなので、健全なことです。

ただ、健全な感情のひとつでもありますが、それを放置しておくて、増々自己嫌悪になったり、ドロドロとした気持ちのまま行動してしまい、不倫問題が悪化するケースがあるので、うまく処理してあげることが大切です。

 
まとめると・・・。

不倫問題という大きなエネルギーによって、普段感じないドロドロとした闇の部分が浮上する。
そのために、普段の私ではない、私が存在することがあるため、
私が私を怖くなることがある。
こんな私ではないと否定したくもなるし、浮上する感情も、私の一部だということを認めてあげる。
ドロドロした気持ちを放置すると、不倫問題が悪化することがある。

以上です。
 

うまく処理するには、やはり手前味噌にはなりますが、プロの力をかりることをおすすめします。
もちろん私以外のカウンセラーさんにも頼ってみてください。

話すと統合性がうまれやすくなりますでの
嫌な気持ちも統合して、不倫問題を解決するエネルギーに変えていきましょうね。

 
 

おまけ・・・。
ドロドロした闇の部分は、感じてほしくて浮上する感情なので
この機会に、どんな私がいるんだろうっと見つめてみる、きっかけになりますね。
 
 

 
 
 


■【不倫修復の会】という名のお茶会開催! in大阪

 
こんにちは。不倫問題 修復カウンセラー いとうゆうじです。

お茶会とかないんですか?と、メルマガ読者の方から、お問い合わせがありました。ありがとうです。

日々のカウンセリングで中々開催できませんでしたが、忙しい忙しいと言っていても開催できないので、ちょっと強引に日程を空けて開催することにしました(笑)

参加条件は、パートナーの不倫関係で悩んでいる方、

不倫問題だけではなく、不仲や別居・離婚問題に悩んでいる方でも参加ください。

夫婦関係の悩みを持っている方が参加条件になります。

ですので、お茶会の内容は、参加者の方の現在の状況を聞かせてください。

状況をお聞きしながら、私から質問したり、また別の方の意見を聞かせてもらったり、またまた、ゆっくりお話を聞く時間にしたいと思っています。

せっかくですので、私に聞きたい事などもあれば質問してください。

また、【不倫修復の会】の一番の想いは、同じように悩んでいる方同士のつながりをつくることです。

夫婦関係の悩みを抱えていると、どうしても、私だけがしんどい想いをしているんじゃないかと孤独感を感じます。また、ひとりで悩んでいると悪いことばかり考えて苦しくなっていきます

しかし、同じように悩んでいる人がいる、そんな存在がわかれば、安心します。

それに、参加者の方の話しを聞くことで、解決のヒントになったり、共感してくれる存在がいることで、また解決する力に変っていきますよね。

【不倫修復の会】は、同じ悩みを持つ方同士の交流を深め、またお互いがお互いをサポートできる会にしていきます。

kirakira*不倫修復の会 お茶会の詳細kirakira*

■開催日:5月22日(木)14時~15時半まで(最大30分延長することがあります)
■会場:梅田周辺(参加者の方のみご案内します)
■参加費:3,000円(飲食代はご負担ください)スプーンフォーク
■定員:5名まで

参加条件は、パートナーの不倫で悩んでいる方、不倫問題だけではなく、不仲や別居・離婚問題に悩んでいる方でも参加ください。夫婦関係の悩みを持っている方が参加条件になります。

こちら 手紙不倫修復の会 お茶会参加フォームへ

 
名古屋でも開催したいなぁと思っています。
もし名古屋なら参加する!という方がおられましたら、メッセージくださいね。
 
 

 
 
 


■【お客様からよく言われるシリーズ】いとうさんを責めているような気がして・・・。

 
お客様からよく言われるシリーズ。

「いとうさんを責めているような感じがして・・・すいません!!!」っと・・・おっしゃる女性の方がおられます。

これ、どういうことかと言いますと、不倫や別居・離婚問題で悩んでいる女性の方は、夫に対して、文句のひとつやふたつもあるわけです。(ひとつやふたつに収まらないことの方が多いんですが(笑))

だから、男性ってね!なんで、あ~~なんですか!と、怒りたくなるわけです。

しかし、聞いているのは、男の私だから、お客様からすれば、いとうさんじゃないんですよ、世の中の男性にねって言われていますが、私をどのように見えているのかわかりませんが、世の中の男性のひとりですね。私も(笑)

ふっと、あ!いとうさんも男性だ!
みたいな瞬間があるんでしょうね。

また、すいませんっと言われるときは、決まって、散々話した後で、このように言われる方がおられますね(笑)
私としては、心が和んだからから出る言葉なので、嬉しい言葉なんですよ。

私のお客様は、90%女性の方で、これまでの相談件数からしても、やっぱり出てきますよね。
男性ってなんなんですか!!!と、お叱りモードみたいな話しが。

今更なんですよ(笑)

私は、相当、女性が感じる男性の嫌なところ、悪いところを聞いている、男性のひとりでしょう(笑)
私じゃなくて、夫に聞かせてやりたいんでしょうけど。

こんな話しばかりですいませんっと、謝られる方もいますが
私としては、女性から見る男性の見方が勉強になるので、ありがたく聞かせてもらっています。

女性の気持ちをすべて理解できませんが、こうやって言ってくださることで
少しでも理解しよっとした気持ちが生まれますしね。

私は、私に言われているというよりは(よい解釈していますね(笑))
その方が、男性に対して、どう感じているかという聴き方をしているので、直接私が痛いと感じていません。

時にはズバッと胸に突き刺さることもありますが (x_x;)
これからも、感じるままお話ください。

ということで、話してくださり利点をまとめてみると・・・

数字1このような言葉が出るってことは、お客様の心が緩んだ瞬間かなぁと思うと嬉しい。
数字2女性から見る男性のことが、理解できるので勉強になる。
数字3女性の気持ちを理解したいという共感力が鍛えられる。
数字4女性が男性に感じることが理解でき、また同じように悩む女性の方のために役立つ情報が得られる。

特に 数字4 は、カウンセリングの中でも活かされています。ですので、これからも感じるままに話していただければと思います。

ブログを読んでくださっているお客様も、そういえば、私も言ってたわ!っと思っているかもしれませんね(笑)

これからもご遠慮なく。
ヘ(゚∀゚*)ノ
 
 

 
 
 


■不倫終結に向けて言ってはいけないタブーとは?

 
前々回のメルマガかなぁ?不倫をした側に「不倫発覚後、よりを戻したいときにパートナーに言ってはいけないタブーとは?」という記事を配信しました。

そのときの記事は、私のホームページに記載していますので、よかったらお読みください。
不倫発覚後、よりを戻したいときにパートナーに言ってはいけないタブーとは?

今日は、そのシリーズ第2段、不倫をされた側の「不倫終結に向けて言ってはいけないタブーとは?」を、配信したいと思います。

さて、いきなりですが、「不倫終結に向けて言ってはいけないタブーとは?」どんな言葉だと思いますか?

結論からお伝えしますね。

それは、「お願いだから離婚だけは考えないでほしい」です。

なぜ、タブーなのか?

それには、ふたつの理由が存在します。

ひとつ目は、夫がつけあがることです。夫の立場からすれば、なんともありがたい言葉。不倫相手も会いながら家にも帰れるわけですから、そんな嬉しいことはありません。

失うものがない状態ですね。(実際には、妻の信頼を失っていることにはなりますが)

また、不倫をした夫は、あなたの深い愛情を知り、離婚への恐れがあることがわかったのですから、気持ちが安定し、堂々と不倫行為をする人もいます。

ふたつ目は、おわかりの人はおわかりかと思いますが、言葉の意味をつかんでみてください。

これは不倫関係は、今のままでいいから離婚だけはしないでくださいっと言っています。

つまり、不倫してもいいが、今の夫婦関係を続けさせてくださいっと言っているようなものです。

これでは、不倫関係を終結するのは難しいことになるわけです。

考えてみれば、おかしな発言と言えば、おかしな発言ですね。相手が不倫したにも関わらず「お願いしてまで、離婚はしないでほしい」っと言っているのですから。

ですが、ご本人にしてみれば、不倫関係が継続されることは、苦しみや悲しいといった、ネガティブな気持ちになり、耐えきれない気持ちになるわけですが、それよりも、離婚をされる怖さの方が、ご本人は辛く怖いことなんですね。

だから、言わざるを得ない状況とも言えるわけです。

ここまで読んで「え、私言っています」という方も中にはおられるかもしれませんね。

安心してください。まだまだ、修正は可能です。

というのも、9ヶ月間、サポートさせていただいた、私のクライアントさんもカウンセリング当初はこのタブーをパートナーに告げていましたが、不倫関係が終結しました。

その方から感想が届いていますので、ご紹介させていただきます。(ご本人には掲載の許可をいただいておりますが、プライバシーの関係から一部編集しております)

いとう先生、カウンセリングしていただきありがとうございました。

先生からメールをくださり、先生の「あの時は、どうしようもなかったもんね」という言葉に、カウンセリングしていただいたときのことを思い返していました。

あの時は、まさか主人が不倫しているなんて思ってもみなかったので、不倫がわかったときは動転し、何が起こったのか冷静になれませんでした。

(中省略)

私は「とにかく離婚だけはしないでほしい」「今の関係のままでいてほしい」と主人に伝えていました。

主人が、不倫関係を続けていることは、苦しく辛いことですが、それよりも離婚されることが怖かったんです。今では振り返れますが、当時の私では無理でした。

それから、主人から「反省している」と言われたとき正直びっくりしました。

今までの関係なら言えなかったんですが、「本当に関係が終わったなら証拠を見せてほしい」と言えました。

主人も応えてくれて、本当に関係が終わったんだとわかり、少し安心しました。

先生にも言われていましたが、完璧に許せることはないっと、ただ少しでも信頼できるならその少しを信頼していこうっと思っています。

なんて言葉をお伝えすることが言葉が見つからないのですが、いとう先生、本当にありがとうございました。

これからもブログやメルマガ読まさせていただきます。

また何か主人に変化があれば、すぐ相談するかと思いますが、ないことを祈ります(笑)

これからのご活躍を応援しております。

感想は以上です。メルマガへの許可もありがとうございます。きっと今、読んでくれているんだと思います(笑)

ご紹介したタブー発言をされていました。

しかし、そこから夫に対する態度を見直したり、感情を素直に感じたり、また、これが大事なんですが、発言の裏にあるあなたの悲しみを癒していく作業が大切です。

そこまでして離婚してほしくない発言の裏には「自信のなさ」があるのです。

自信を回復することも、不倫終結には大切なポイントになるわけですね。

さて、今回ご紹介したタブー発言、くれぐれも発言しないようにしてください。

同じようになりますが、言ってしまった、今も言っているという方は、言ってしまったからといって、夫はあなたの元に帰ってこないわけではありません。

安心してください。

まだまだ何らかの策はありますので、諦めずに今後のこと考えていきましょう。