■不倫をした夫がやり直そうっと言ってきた。許したいけど許せない私はどうしたらいいの?

■不倫をした夫がやり直そうっと言ってきた。許したいけど許せない私はどうしたらいいの?
 
不倫をした夫から修復したいと言ってきました。許したい気持ちはあるものの、どうも許す気になれないんです・・・。

このような方の、お話を聴くと、次のような深層心理が働いていることがあります。

●許すと、傷ついた私の痛みを、夫は感じなくてすむような気がして許せない!

●許す行為は、傷ついた私の心を理解しなくていいと言っているかのようでイヤ!

●今回の不倫問題がなかったかのようになりそうでイヤ!

●許してしまえば、夫は許されて、私だけが痛みを感じて生きていくようでイヤ。

●夫も私と同じような深い痛みを感じてほしい・・・。

●許すと、反省しないのではないか。

●許すと、図にのりまた不倫関係が続きそうで怖い・・・・

●夫は、私よりも他の人を好きになっていたのに、私のこと好きでいられるのかが不安、などが考えられます。

許して再構築したいとしても、上記のような心理が働くと、許せなくなってしまいます。

許せないのは、自身の痛みが回復していないこと、今後の夫(妻)が信用できない。自分が信用できない。この3つの要素が絡んでいるからです。

つまり、許すという行為が、不安や恐れにつながっているんですね。

裏切られたのですから、無理もありません。

しかし、裏切られたから仕方がないでは、関係は平行線のままというのも現状です。

そこで今日は、「不倫をした夫が修復を望んできたとき、どうすればいいの?」をお伝えします。

まずはじめに、許したいけど許せない気持ちを受け入れましょう。

どういうことかと言うと、日や時間によって、許せると思ったりでもやっぱり無理!!と、気持ちが揺れ動きます。

つまり、心の中は、許したいけど許せない気持ちが同居しているんですね。

これは、どちらもあなたの本音です。

どちらかに決めようっとすればするほど、反動が起こり、逆の選択にふれてしまいます。

決めれない私がダメなのかなぁっと自己攻撃するでもなく、私はどうしたいんだろうっと悩むわけでもなく、どちらも私の気持ちなんだっと認めてあげてください。

選べないというのは、しんどいことのように感じますが、ふわっとどちらの選択でも選択できるようにしてください。

次に、パートナーが、本気で再構築したいと願っているなら、あなたの許しの行為を愛と感じ、あなたを取り戻しにいきます。

愛をベースにした言動は、あなたのキズを癒し、再構築の道を進むでしょう。

そして、本気だなぁっと感じた時点で、パートナーの努力を受け入れてあげてください。

受け入れるためには、あなたの決意が大切です。

一度、キズついた関係から、もう一度前に進むのはとても怖くまた裏切られるかもしれないと不安になります。

ですが、ここまでのパートナーの熱意や情熱が、決意をかため押し進めてくれるでしょう。

少しだけでも信じてもいいかなぁっと思えたとき、多少ではありますが、パートナーによって、キズが癒された証拠。

不倫を許したことにはならないにしても、そこから夫婦の形を再構築していくことになります。

不倫をしたことであなたへの愛を確認したり、大切にするべきことを再確認する方もいます。最初から気づけよ!!とは言いたくなりますが、痛みを感じないとわからないこともあるものです・・・。

そんな方のベースには愛がありますから、許すことで愛をベースにした言動になり、またそんなパートナーの愛をあなたは感じることでしょう。

しかし、修復したいと言ったものの、言動に愛が感じられない場合もあります。

そんなときは、決まって、不倫関係が続いたり、また不倫を繰り返したり、またはしないにしても愛情を感じなかったり、あなたの何らかの態度が許せなかったりと、素っ気ない態度になります。

本気になれない理由は、自分でもどうしたいのかわからない、愛情がないが離婚することが怖い、子供のことを考えると離婚できない、バレた手前許してほしいと安易に言ってしまった、許せない何かがあったり、など・・・。

口では修復を願っていても、あなたや家庭に愛情があるとは限りません。

パートナーが信じられないのであれば、どこかで見切るをつける必要もあるでしょう。

大切なのは、許す行為によって、パートナーがどのように考えているのか、本音が見えてきます。

パートナーの言動で許すか許さないか決めてください。

まとめると、あっちにいったりこっちにいったりと自然に流れる選択を無理にとめないこと。

パートナーをしっかり見て、本気で修復したいのか?したくないのかを見てください。

そんなパートナーの言動で判断してください。
 

【許しのプロセス】

許しの初期は、パートナーがどれだけ本気で再構築を望んでいるのか、相手が判断基準です。

それには、パートナーに反省の色が見えること。あなたのことをどれだけ理解した上で、言動をとっているのかを見てください。

許しの中期は、その言動が伝わったのなら、次はあなたの出番です。

パートナーのこれまでの努力を認めてあげてください。認めながらも、これまでのパートナーの言動について話し合ってください。

傷つくかもしれないと感じるかもしれません。葛藤をまた繰り返すでしょう。

その葛藤を繰り返しながら、もう一度パートナーとやり直したいのかやり直したくないか答えを見つけてください。

中期は、あなたが挑戦するプロセスです。

ここまでくれば、前の夫婦関係とはちょっと違う域に達していることでしょう。

それが許しの後期です。

今回の不倫問題から、以前の夫婦関係は消滅し、ここから新しい夫婦関係をつくっていきます。

修復する過程を私は応援しています。
 
 

 
 
 


■ 状況は変わりませんが、何か気持ちが固まったような気がします。

 

東京カウンセリングが終わり、4月は来られないんですか?とお声もかけてもらい、4月も東京カウンセリング開催します。

滋賀に一度帰り、スケジュールを確認してメルマガ・ブログで案内しますね。

東京カウンセリングの感想が届きましたので、ご紹介します。

(本人には掲載の許可をいただいております)

いとうさん、今日はカウンセリングしていただきありがとうございました。

いとうさんのブログは最近知ったばかりですが、ブログから人柄を感じたので、東京に来ると聞いて必ずカウンセリグを受けようっと決めていました。

結果、受けてよかったです (≡^∇^≡)

今の夫婦関係の状況を適確に伝えてくださり、何をすればいいのかお聞きできたこと。それに帰りどんなこと話していたのかなぁっと振り返る時間をくださったことで整理できました。

状況は変わりませんが、何か気持ちが固まったような気がします。

これがいとうさんのカウンセリング効果だと感じております。

本当にカウンセリングを受けてよかったです。
4月も来られるとお聞きしたので継続で受けさせていただきたいと思いました。

もう少し気持ち整理してみますね。

カウンセリングでお忙しいでしょうが、体に気をつけてください。

本当にありがとうございました。

感想ありがとうございます。

旦那さんの不倫発覚後、どうすればいいのかということでカウンセリングをご利用いただきました。

感想の中にもありますが、どうしたらいいだろうっと必ず気持ちは揺れます。

その揺れを止めたくなり
何をすればいいのかという思考になりますが
何をするではなく、まず焦る気持ちを話すことです。

そんなんでいいの?と思われるかもしれませんが、揺れ動く気持ちを無理にとめると必ず反動がきます。
反動は、後悔になったり、問題を軽視して、次も同じような課題にぶつかります。

ですので、揺れ動く気持ちを話してください。
個人差はありますが、ゆっくり気持ちが固まり、選択できる時期は必ずきます。
 
 

 
 
 


■ パートナーの映る目にあなたが映し出されたとき

 
「愛されている」「包まれている」と、パートナーから実感したとき、私は世界の一員でもありながらも、人生を主体的に生きていると感じられるものです。

大げさかもしれませんが、世界と共存しながらも私は生きていると実感できる。

私として「私を感じられる」ものなのです。

そんな実感が、人の役に立ちたいエネルギーになり、相手をひとりの存在として受け入れたいと、大きな愛で捉える心のゆとりができます。

パートナーの映る目に、あなたの存在が映し出されたとき、幸せな愛の循環が流れ出すんでしょうね。
 
 

 
 
 


★【満席】東京対面カウンセリング受付終了です。

 
東京カウンセリング、満席になり受付を終了させていただきます!

ご予約いただいた方、ありがとうございます。
順に会場の案内メールを送りますね。

予約しようか迷っていたのに、調整中だった・・・という方、たいへん申し訳ありません!

次回は、4月末ぐらいに予定をしておりますので
メルマガやブログを引き続きチェックください。

それでは、東京でお会いしましょう。
ありがとうございます。
 
 

 
 
 


★ 理路整然にみえる彼の言葉 体を求める非合理性の矛盾

 
妻子ある男性を好きになるとは思ってもみなかったと告げる30代女性。

彼女は、知らない土地で就職しましたが、仕事がうまくいかず、友達と言える関係ができませんでした。

毎日の出勤が苦痛になり、仕事を辞めて実家に帰ろうか悩んでいたとき
30代後半の男性が彼女の気持ちを感じてくれました。

「しんどそうだね。なんでも相談して」っと男性は言います。

これまで誰にも相談できなかった彼女。彼女にとってとても心強い存在が表れたのです。

彼女が意見を求めると理路整然とした考えで揺るがない。
そんな彼をたくましく思い、いつしか魅力を感じていました。

誰にも話せない相談を彼ならできる。彼なら頼りになると、彼女は少しずつ好意を寄せます。そんな好意を男性は感じるのです。

ある日、男性は彼女に体をもとめてきました。最初は抵抗した彼女でしたが、あれだけ魅力のある人。妻子がいるとわかっていても理性では止められず、関係をもちました。

それから彼女はどっぽり男性に浸かってしまったのでした。

そんなことから考えられるには、男性は頭と感情を切り離して性のことを考えられるが、女性は切り離せないことがあります。

またこのような男性は職場でも理路整然な考え方で振る舞うが、その言葉は部下や上司に伝わらない。

なぜなら、言葉から発せられる想いに非合理性を感じているためです。

うまくやろうっと思っていてもうまくできない。

それは仕事も男女関係も同じなのかもしれません。