夫婦ってなに?

夫婦ってなんなんでしょうね?なんて、ふっと考えるときありませんか。特に夫婦関係の悩みを抱えると、夫婦って一体なんなんだろう?っと、やるせない気持ちになります。

この、やるせない理由のひとつに、夫婦とは、愛し愛される関係で、精神的な安定を築きながら、共に助け合う存在。という概念がどこかにあるからではないでしょうか。

確かに、そうなんですよね。 続きを読む


褒められて素直に受け取る人 受け取れない人?

いきなりですが、タイトルでいうとあなたはどちらですか?
褒められて素直に受け取る人?
それとも受け取れない人?

場面によって違うという人もいるかと思いますが統計的にね。
どちらかなぁ。

例えば、今着ている服(時間帯が時間帯だけに家着でしょうが普段着ね(笑))、友達に「今日の服、めっちゃくちゃ可愛い!よく似合ってる!」と言われたら受け取れますか。

受け取れる人は、それはそれでいいですが、受け取れない人もいますよね。「え~~そんなことないよ」って。
そんな時の心理って、恥ずかしい気持ちがあるから受け取れないと思うんです。

その恥ずかしいを分析してみると、受け取るような私じゃないからっと、自己否定しているところやコンプレックスがあるからでしょう。だから受け取れなくなってしますのですが、大きなブロックは、受け取ることへの先の不安を感じているからなんですね。

洋服の例で言えば、受け取ってしまうと素敵な私になってしまうから不安だという心理ですね。おかしな表現ですね。と、ポジティブな人は感じるものですが、自分に自信がないんだよねっという方は深く理解できる心理ですよね。

受け取ってしますと、今まで大切にしてきたわけじゃないけどもコンプレックスを解消しなければいけないわけです。魅力を受け取れないことで、私を守ってきてくれたコンプレックスがなくなる不安。

コンプレックスがない魅力的な私の不安なんですね。
先に進むことへの不安でもあるわけです。

先に進むことへの不安で、もうひとつ例をあげると、男性から「素敵だね!」なんて言われるとその人の関係が深まるかもしれないと恐れている場合もあるわけです。なので恋愛対象の人は特に、受け入れないようにして関係を進めることを防衛している可能性もあるわけです。

だから受け取ってくださいね!ではなく、受け取れないのであれば何を防衛しているのか見てあげることが先でそれからゆっくり自分のペースで受け取れるあなたになれるといいですよね。

受け取ることで何が不安ですか?
あなたにとって受け取らないことへのメリットはなんでしょうか?

考えてみてください。

 
 

 
 
 


息子の一言が問題を抜け出すブレイクスルーに

相談者は、女性Yさん

夫の不倫発覚、その関係は4年も続いていたことがわかり、どうしたら夫の不倫をやめさせることができるのか、夫は不倫相手に本気では?ということでカウンセリングに来られました。

Yさんの夫は、中小企業の部長をしており、不倫相手は職場の女性。

夫の仕事は多忙で人付き合いも多く、夜になると飲み会、週末になるとゴルフ、その間に、不倫相手と会っているようです。仕事だけでも多忙の中、それでも不倫相手と会っていることが許せない!でも、離婚する勇気がなくて話し合えません・・・と言うYさん。

勇気がないけど、夫は多忙のため家で話し合う時間がとれない、あったとしてもYさんを避けるようにするか、すぐに機嫌が悪くなるっと言います。

Yさんの家族は夫と、12歳になる長男がいます。

そんなある日、息子が勉強をしていないことに夫が腹を立て息子と言い合いになりました。喧嘩をとめようっと思ったYさんでしたが、勉強しない息子にYさんも腹が立っていたのでいい機会だっと思い、そのまま見守ることにしたそうです。

夫は息子に対して「なんで勉強してないんだ!あれだけ勉強しろ勉強しろっと言っているではないか!」と怒りをぶつけました。息子は、言いたいことが言えない性格で、息子は私とよく似ていますっというYさん。

そんな息子が「お父さん勉強しろ勉強しろっていっているけど、お父さんは好きなことばかりしているじゃないか!夜はお酒を飲み、ゴルフばかりしている。それに、いつも偉そうな態度が気に入らない!」というのです。

Yさんは、言い返した息子の態度にびっくりしたそうです。ですが、その言葉を聞いてすごく冷静になれたというのです。というのも、息子が夫に言ったことは、私が感じていることだと思ったのです。

息子が代弁してくれていると感じたそうです。

カウンセリングの中で、Yさんは、息子が言ったことは私がずっと夫婦生活で感じていたことです。でも感じないようにしていたんだと思います。それを息子の言葉で私の心の奥底で感じていたことに気がつきました。

不倫をした事実も苦しかったですが、それよりも長く続く夫の態度が苦しかったんです。と言われました。それからです、そのことを旦那さんに伝えたそうです。

夫は聞いているか聞いていないかわからない態度ではあったのですが、言えてすっきりしました。それからというものの、夫の不倫関係が気にならないと言えば嘘になりますが、ずいぶんと楽になったそうです。

またこれまで離婚は絶対ないと思っていたのが、離婚も考えられようになり腰が据わったと言います。

Yさんはいいます「言いたいことが言えたので、後は夫次第です。私もずいぶん遠慮したり、夫に合わせてきたので、もう少し自分のために時間をつくり楽しめる生き方をしていきます」っとカウンセリングが終了しました。

Yさんのエピソードいかがでしたか。

Yさんには、掲載の許可をいただきプライバシーの問題もありますので一部編集してお伝えしました。

息子と夫の喧嘩の中で、息子が言った言葉は夫婦が話し合わなければいけないことです。しかし実際に話し合うとなれば難しい問題ですよね。

そんなときに、普段あまり感情的にならない息子が勇気を振り絞って夫と向き合ったところが、Yさんの心に響き勇気に変わったのでしょう。これは必然的なのか偶然なのか?

Yさんが経験された、夫婦問題が家族が取り囲み解決へとつながることは、カウンセリングではよくあることです。家族や夫婦は、私たちの見ないところで響き合っています。

不倫を辞めさせるためには何をすればいいのか?とハウ・ツーも大切な要素ではあるのはあるのですが、このように家族が取り巻く力で問題を抜けていくこともあるのですから、夫婦問題はより一層複雑になってきていると言えそうです。

Yさんも息子さんも主体性を持って立ち上がった瞬間です。

Landscape

追伸

Yさんの夫は今回のことで、何を感じたのかその先が気になるものでした。

また報告しますね。

 
 

 
 
 


夫(妻)が不倫に走った 3つの原因

メルマガ読者の方から「なぜ夫は不倫をしたのでしょうか?」と質問があったのでお答えしたいと思います。

お答えする前に、その方の旦那さんから原因を聞いたわけでもないですから、私がカウンセリングを通して考えられる原因をまとめてみますね。

それではいってみましょう。

1つ目、不倫をした夫(妻)の性格や資質、育ってきた環境が影響している。

例えば、幼少期から甘やかされ、あれがほしい言えば、すぐに両親が用意をしてくれる。このような環境で育つと、どんな欲求も叶うことが当然で、叶わないことにイラつき、我慢ができない性格になっていきます。(欲求欲をコントロールすることを学べていない)

大人になれば欲求があっても叶えられなかったり、我慢をしなければいけないことの方が多いですよね。そのとき、欲求欲をコントロールすること学んでいない人は、欲求が満たされないことへのストレスを人以上に感じ、我慢ができません。

どんな手段をつかっても、また社会的に理不尽なことでも、周りのことなどおかまいなしで、自分の欲求を満たすことだけを考えます。

欲求欲をコントロールすること、我慢する力が育っていない、大人の体はしているが、心が育っていません。逆に、幼少期にもらえなかった悲しみの抑圧が、大人になりあぶり出されることもあるのです。

「もうあんな思いをしたくない!」という痛みですね。どちらにしても、欲求欲のコントロールができないことが原因にあります。

2つ目、現在の環境が影響している。

例えば、同窓会があった、職場に女性が多い、異性と関わる仕事をしている、出張が多い、職場の仲間から悪知恵がついた、友達の影響、仕事・仕事の毎日で相当なストレスを抱えているなど、環境が影響しています。

普段から女性と関わる仕事が多いと、どうしても接触回数は増えていきます。心理学的にも接触回数が増えれば恋愛感情が起こりやすいとも言います。

その上、職場の関係なら助け合いが頻繁に行なわれることが多く、優しさに触れる回数も増えてきます。不安一杯で入社した女性。そこに頼れる上司。ふっとしたとき、優しさにふれ、それから恋愛感情がうまれることもあるのです。

職場の仲間の影響というのもあります。普段、まじめで女性とあまり付き合ったことがない男性が、出張先で先輩に連れて行かされたのはソープランド。最初は、たどたどしかった男性も「こんな世界があるんだ!」と何かに目覚めたかのように通う人もいます。

3つ目、どのように接していたのか?あなたの夫(妻)への接し方が影響している。

例えば、何かにつけて「なんで!そうなるの!」感情をぶつけてくる態度に、最初は一生懸命応えていたものの、感情をぶつける態度が続けば、もう絶えれないっと心がなえていきます。

そんなとき、優しさを求めてしまうものです。

感情的にっとお伝えしましたが、他にも依存的で相手をしんどくさせてしまうことや、依存とが逆に、自立的でなんでも自分でやってしまうため、俺は必要ないんだ・・・と悲しい想いをしていることも。あなたがパートナーに接する態度にも、性格や資質、育ってきた環境が影響していることでしょう。

また過去の男性との関係も影響していることがあります。

同窓会があったからといって、みんなが浮気するなんて考えられませんよね。

そこには、不倫をした側の性格であったり、逆に不倫をする相手の性格や育ってきた環境が影響していることもあるのです。

また、性格+環境っと重なりあったり、または、性格+環境+あなたの態度=不倫というとものあるので、いろんな要素が、からみあっていることも言えそうです。

あなたのパートナーの不倫の原因はなんでしょうか?

参考にしてみてください。

▶︎ちなみに、このようなことをより詳しく学べるのが、
夫婦カウンセラー育成講座なのです。