趣味は問題と心の健康を取り戻すパイプ役

夫婦問題を解決したいと願う気持ちが行き過ぎてしまうと、かえって苦しみが大きくなります。

問題解決も大切ですが、それと同時にあなたの心の健康を取り戻すこと。問題意識+心の健康=問題を解決する力につながりますよという話です。

健康を意識している人にかぎって病気になるなんてことがあります。健康を気にしていない人が、長生きしているということはよくある話。

これは、問題解決にも応用できることで、問題をはやく解決しようっと急ぎすぎていると、かえって問題が大きくなる。問題から少し離れて、問題に取り組んでいる人の方が、問題を解決していくことがあるのです。

そんなことを聞くと、問題を抱えているときに問題から離れるのは難しい話に聞こえるでしょう。

今日は、問題から離れるために大切なこと「心の健康を取り戻す」をお伝えします。

続きを読む


夫の憩いの場はどこにある? 家庭が憩いの場にならない理由

家庭は「憩いの場」とはよく言いますが、この「憩いの場」になっている家庭がどれだけいるか疑問を感じませんか?

憩いの場よりも、負担の場になっている実態。今「憩いの場」よりも「負担の場」と感じている家庭が増えています。

特に男性の場合は、家族との時間より仕事の時間が長く、時間を共有するうちに職場の仲間が、類似家族になり「憩いの場」を見いだしています。

仕事終わりの一杯飲みが「憩いの場」であったり、趣味を共有する仲間が「憩いの場」として存在し、家族の時間を顧みない夫が増えているのです。

そんな憩いの場から帰った夫は、?の脱け殻のように、脱力感を全身で表現します「今日は疲れているから寝る」妻に一言だけ交わし寝室へ。

家庭は一体なんのためにあるのか?私はなんのためにこの人と結婚したのか?妻は夫に不満や疑問を感じることも・・・。

夫は夫で、夫婦関係や家庭が負担のように感じているのです。

続きを読む


【満席】東京カウンセリング

東京カウンセリングは満席のため受付終了しております。次回は、7月24日(金)25日(土)の開催です。

【カウンセリング予約可能な日時】

料金 料金:出張料込みの、90分 24,000円です。お支払いは、銀行振込でお願いします。(申込後、ご案内させていただきます。)

我家 会場:神楽坂から徒歩5分にある、カウンセリングルームです。守秘義務が守られた安全な空間です。申込み後、ご案内させていただきます。

▶︎東京カウンセリング申込みフォーム

■カウンセリング対象者

不倫問題が原因で夫婦関係の悩みを抱えている
不倫をされた傷が癒されない
不倫をされ修復に向かっているが、パートナーが信じられない
不倫をしたが、夫婦関係を修復したい
不倫をしたが、パートナーに好意がなく、不倫相手と一緒になりたい
イマイチ自分の気持ちがわからない(選択できない)
夫婦関係を解消したい
立ち直りのきっかけがつかめない
修復のきっかけがわからない
離婚を考えている
離婚を当然告げられた
離婚した方がいいのか離婚しない方がいいのか迷う
別居後の夫婦関係に悩む
別居したいが子供のことを考えると決断できない
長く別居関係にある
不倫の対する理解を深めたい
両親の不倫問題を見て育ったため、自分も不倫をするのではないか不安
不倫願望がある
取り返しがきないことへ踏み出す前に、自分の気持ちを整理したい
夫婦関係の改善を努めながら自分について学びたい
不倫をしているがそのことについて言えない
パートナーの不倫を疑っている不倫疑惑で夜も寝れない
この人と結婚していいの・・・と悩んでいる方、対象です。

▶︎東京カウンセリング申込みフォーム


【いとうゆうじ プロフィール】

201422.jpq

■カウンセラー

夫婦専門カウンセリング ライフワーク・サロン代表。 滋賀カウンセリング・スタイル代表。
滋賀県をはじめ全国に、1,800人以上のカウンセリングに携わった経験をもとに、お客様それぞれの悩みに合った、カウンセリングを提供。また、夫婦関係の問題を解決することへ向かいながらも、悩みと向き合うチカラ、困難な状況の中で、どのように生きていけばいいのか、具体的な方法や心の持ちようなどの、援助をしている。

 

 


不満なく送っていた夫婦生活 夫の一言で心の中の問題が浮上する

不満なく夫婦生活を送っていると感じる妻。でもどこか、心にひかかるものがあるからとカウンセリングに申し込まれました。夫のある一言で、そのひかかりの原因がわかりました。

妻が感じたひかかりとは?妻の心の中にあるひかかりは多くの女性が感じる不満ではないでしょうかという話です。(男性の方は観覧注意です(笑))

掲載にあたり、ご本人には掲載の許可をいただいておりますが、プライバシーに関わるところは、一部編集させていただいております。

ご相談に来られたのは、45歳主婦のBさん。中学生になる男の子と小学生の女の子がいます。夫は4歳年上で、会社勤めをされていて、夫の収入だけで家族全員を養えるぐらいの収入があるそうです。

友達からも、旦那さんの稼ぎのよいところや、家族の仲もよくうらやましがられていました。ご本人も家族にも夫婦にもなんの問題もなく毎日幸せに暮らしていますっとおっしゃっています。

続きを読む


夫婦が危機と感じる4つのレベル

ある夫婦は、何度か働きがけはしたものの関係は悪化し、夫婦の緊張感が頂点に達していました。
ある夫婦は、話し合いすれば解決しそうな関係にいました。

夫婦の悩みは夫婦の数だけありますが、ふたりの感情面から捉えると、夫婦の危機は4つの段階にわかれます。
今日は4つの段階を解説しますね。

夫婦の危機の段階について解説するために、精神科医のキャプランの危機理論を参考にしたいと思います。
キャプランは、以下のように、4つの段階で危機を示しています。(ちょっと難しい解説ですが読んでみてください)

第1段階:緊張が強くなる。習慣的な問題解決を用いて解決しようとする。
第2段階:問題解決ができず、次第に緊張が高まり、感情面の混乱が生じる。
第3段階:さらに緊張が増大すると、その緊張が強力な内的刺激として働き、内的・外的資源を動員する。緊張の問題解決規制が試みられる。
第4段階:問題が持続すると、パーソナリティの統合性が失われ、精神障害になる。

続きを読む