夫婦が長続きするコツを教えてください!

昨日の記事の続編。
▶︎さくらさんの「夫婦が長続きするコツを教えてください!」の回答です。

付き合い当初や新婚時代は、お互いを美化し、きっとあの人は◯◯な人と、相手を私の理想に当てはめてみようっとする傾向が強くなります。

しかし、それが錯覚だったと少しずつわかり、現実の夫・現実の妻の姿が見てくるのです(あの人結婚前と全然違う!結婚詐欺か!なんて感じている人もいるでしょう(笑))

本当の意味で、相手がどんな人なのか、わかってくるものですが、これは悪い面も持ち合わせていますが、こんな素敵なところもあったんだ!と魅力を感じることもあるのです(少ないでしょうけど(笑))

魅力も欠点も、親密な関係が長くなれば理解が深まっていくのが夫婦関係です。

それと、親密関係が長くなれば、相手が何を期待しているのか?どんな理想像や好みを持っているのか敏感に察知していきます。

ふたりは愛情に支えられて、相手の期待に答えられるような存在になりたいと思い、理想像に近づいていこうっとします。

この相手の期待や好みに少しずつでも変わっていけるかが、これが夫婦関係が長続きする鍵を握っているわけですね。でもそれって・・・と言いたくなる気持ちを皆さんから察知しました(笑)そうですよね、そうやって相手の期待や好みになりたい!と思うのは最初だけでしょう。

じゃ、どんどん愛情は薄れ関係が悪化していくのかといえば、そういう関係もあればそこから仲が深まる関係ってありますよね。

その違いはなにか?ってことが、夫婦が長続きするコツなんです。



では今の状態で、相手のためにしてあげたいって思うときってどんなときだと思いますか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ 

↓ ↓ ↓

↓ ↓ 

↓ 

それは「相手の心の中に私の存在を感じられたとき」です。つまり、私のことを思いやってくれたんだなっと感じれたとき。

例えば、風邪を引いたときおかゆをつくってくれた、何気ないときに私の好きものを買ってくれたときって、相手の心の中に私の存在が感じれる瞬間なんですね。

そんな瞬間があると、あなたにもしてあげたいとなり、相手の期待に応えたい好みになりたい気持ちがうまれるものです。

また、困ったときに助ける・相手が不安なときは支えてもらう・悩みを抱えたとき相談できる・話を聞いてくれる・ときには助言や背中を押してくれる、私の痛みを理解してくれたなど、どれだけ相手をサポートできるかも大切な要素になってくるのです

あなたの心の中に私がいたとき、私に欠けたものをお互いが提供してくれたとき、相互の助け合いによって、またあなたの期待や好みに自然となろうっとする愛情がうまれるのです。

でもこれって、付き合い当初や新婚時代では、当たり前っていうか、あまりインパクトがないんですよね。だって、何をしても何もしなくても、愛情を感じれますからね。

成熟した夫婦だからこそ、感じられるものなのです。
相手の期待や好みを叶えてあげたいと感じれる私に変化していくことも、夫婦が長続きする コツといえるでしょう。

さくらさん昨日に引き続き参考になれば幸いです。
質問ありがとうございました。

▶︎こちらの記事はメルマガでも読めます!

 

チェックお知らせ!
東京 10/23(金)24(土)面談カウンセリング 残席3名
▶︎東京カウンセリングの詳細へ
福岡 11/15(日)16(月)面談カウンセリング 受付中!
▶︎福岡カウンセリングの詳細へ
名古屋 11/19(木) 面談カウンセリング 残席2名
▶︎名古屋カウンセリングの詳細へ