【後悔を肯定的に生きる方法】 後悔や悔しさは、生きている限り付きまとう

★【後悔を肯定的に生きる方法】 後悔や悔しさは、生きている限り付きまとう

なんで、あのときできなかったんだろう
なんで、あのときしなかったんだろう。
なんで、あのとき言えなかったんだろう

あのとき、出来ていれば
あのとき、していたら
あのとき、言えていたら

過去の出来事に対して、
悔しくて遣る瀬無い気持ちを感じる場面に、私たちはぶつかります。

過去の出来事を悔やみ
その出来事から離れられないことも、あるのではないでしょうか。

後悔しない生き方をしたいと願うのですが、
どうも、後悔や悔しさは
生きている限り付きまとうようです。

ふたつある選択のどちらかを選んでも
選ばない選択に後悔する。

これだ!と確信したかと思うと
一瞬で
または少し経過してから
本当にこの選択でよかったのか?と不安になる。

選んだ選択
選ばない選択

どの選択にも
本当にこれでよかったのかと不安が残るのです。

後悔や悔しい気持ちが
排除できないのなら

不安一杯の状態で選択するのではなく。

少しでも

これかもな、これを選びたいかなぁ
と、やりたい・選びたい感覚で選んでみたいものです。

難しいけど・・・。

何を選択しても、どの道を選んだとしても
選んだことへの不安
選ばなかったことへの後悔が残る。

残るけども
そんな後悔もまた人生のどこかで
肯定的に認め、許せることもできるのです。

Processed with VSCOcam with b5 preset

Processed with VSCOcam with b5 preset

昔の写真を見てください。

今見れば、噴き出すような服装をしていませんか?
今見れば、考えられない髪型していませんか?

これ、私ですけどね(笑)

昔の写真を見ると
あのときは、かっこいいと思ってしてたんだよねと笑えます。

この笑が、過去の私を許せたひとつの行為です。

また、私の写真を
今の私が見て感じるのは
何がしたいのかわからない、生きる悩みを抱えている、二十歳の私がいるのです。

写真の姿を見て・・・

何をしても続かない。続かないからまた自分に自信がない。
表情は笑っているかもしれないけど
心から笑ってない。
自信がない顔してるよね。
何がしたいのかわからないんだよね。何かこれという仕事に就いて、自分を活かしたい生き方を求めてるんだよね。
でも、それが何かわからない。
必死に不安を隠して、生きている。
迷い彷徨いながらもあなたは必死で生きているんだよね。
誰にも認められていないと感じるかもしれないけど、私は見てるからね。
頑張ってるよ。
本当に頑張ってる。

こんな声をかけてあげたくなるのです。

そんな瞬間は
後悔が癒される瞬間です。

後悔した出来事を思い出したとき

「あのとき、あの選択しかなかった、私も必死だったよね」
「何もできないくらい精神的に追い込まれていたよね」
「今考えても夫には言えない。あの頃の私は、それでも頑張ってたよね」
「私の気持ちじゃなかったけど、あのときは、選ぶしかなかったよね」
「私何してたんだろう、でも、でも、仕方がないよね」
「必死で生きているんだよね」
「子供を守るために必死だったよね」
「後悔したくて選んだ道じゃないよね」
「苦しくて苦しくて、悲しくて悲しくて、いっぱい、いっぱい泣いたよね」

なんて、過去の私を認められる瞬間もあるのです。

後悔を受け入れられるような生き方。

今は考えられないかもしれませんが
私を絶対に来ると思っています。

それでも私は精一杯だったと
後悔を認めそれでもよくやった、私を許してあげれるような生き方。

人生は、後悔がつきもの
でも、いつか後悔を許してあげれる
優しい私に出会えます。

頑張ろうね。

この記事はメルマガからでも読めます

後悔したくないけど仕方ないんですよね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報