自分を取り戻すために 苦しい状況から私はどうしたいのかが見える

★ 自分を取り戻すために 苦しい状況から私はどうしたいのかが見える

カウンセリング・講座・セミナーで、感じたことを出来るだけその日の記事にしているので
溜まっている記事が後回しになってしまっています。

不倫の怒りはどこから来るのか
修復のためには言葉にして気持ちを出すこと
慰謝料請求したが関係が続いているときの対処法
不倫女性との子供を認知した時
不倫相手に会うべきか会わない方がいいのか
本気でなければ修復できないと言われました
離婚しろと言われたとき受け入れるしかないのか
別居解消法はあるのか

などなどが
下書きになってるのですが
ちょっとずつ配信していきますので、しばらくお待ちください。

そして今頃
昨日のプライベートと不倫関係のメルマガが配信されているかと思います。
何か感じたことがあれば感想くださいね。

さて今朝のブログでも話ましたが
今日は1年間じっくり學ぶ夫婦心理学講座の卒業生のアフターフォローセミナー。

1年間共に苦しい時期を乗り越え問題と向き合った仲間なので
会うなりすぐに意気投合です。

そんなフォローセミナーでは
それぞれの状況をお聞きしていると
状況が劇的に変わっていないとしても
講座がはじまった1年前とはあきらかに変わったあることに気づきました。

それは問題が発覚した時。
講座当初の時
ブレブレで自分がどうしたいのかが全くわからない状態でした。

わからないからこそ大きな不安を抱えて
大きな不安を抱えているから、何かをしなければと行動に意識が向く。
行動していないと不安がより不安を感じるからです。

不安や恐怖はむやみやたらと行動を促すことに意識が向いてしまいます。
しかし行動したとしても結果が変わらない。
変わらないからまた変えるための行動が欲しくなる。

その繰り返しで、肝心な自分はどうしたいのかがさだわっていないので
行動しても結果が伴わないと同時に
私は何がしたかったのかと疑問が残るのです。

しかし今日の話から感じるのは
問題がないわけではないが
問題を通して自分はどうしていくのかが明確になっている。
本人の意志を取り戻している点でした。

当初なんかと比べ物にならないぐらい自身がどっしりと問題と向き合い
自分を大切にしながらも
周りが見えている状況を掴んでいました。
そして「今後○○していきます」としっかり自分の言葉で展望を話していた。

この講座を振り返ると状況から入り状況の変化を促しながらも
自身がどうしていくのかどうしたいのかが見えていく点が講座の良いだと感じます。
自身を見失い自身を取り戻すこれも講座の醍醐味ですね。

次回は4月です。

そんな1年間じっくり學ぶ夫婦心理学講座。

現在、東京・大阪共に残席1名になっています。
状況を変えたいと共に自分を取り戻したい気持ちを大切に生きていきたい方にオススメします。
どうぞご検討ください。

1年間じっくり學ぶ夫婦心理学講座の詳細へ

いとうゆうじでした。

この記事はメルマガからも読めます!

LINEは@wrw3134mで検索ください
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージをもらえると嬉しいです。私からも返信させていただきます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【東京】2/1(金)〜 9(土)《東京》面談カウンセリング東京タワー
check【福岡】2/13(水)15(金)16(土)《福岡》面談カウンセリング福岡ドーム
check【大阪】2/19(火)《大阪》面談カウンセリングたこやき
check【名古屋】2/20(水)《名古屋》面談カウンセリング名古屋城
check【滋賀】2/24(日)《滋賀》面談カウンセリング琵琶湖
check【札幌】3/25(月)《札幌》面談カウンセリング札幌

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について

▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)