■あれ、夫と別れたくないと思っていたけど、今はどうでもよくなった?

 

不倫直後は、絶対不倫は許せない!
別れたくない!と

強い怒りや、許せない気持ち、また夫に対する愛情があったのに
夫と別れたくないと思っていたのに
時間とともにどうでもよいというか、開き直ったというか
いまは前ほど一緒になりたいと思えない・・・。

一緒になりたいのか?なりたくないのか?

夫(妻)のこと好きなのかさえも、わからなくなった・・・
なんてことはよくおこります。

今日は、なぜ、このようなことになるのかを、解説したいと思います。

夫婦関係は「依存」と「自立」の2つに分かれます。
その「自立」と「依存」関係が強く、影響していることが多いのです

7588aad5b5becf773059da0b80149ed4_s

パートナーに世話をしてもらう、面倒を見てもらう、愛するよりも愛してほしい、パートナーにしてもらえないと不安や寂しさを感じる。

また、愛情を手に入れるために相手に合わせたり、良い子になってみたり、我慢してみたり、ときにはわがままを言ったり、カンシャクを起こしたり。

パートナーの言動に一喜一憂し、いつもパートナーに振り回されていると感じている人は「依存タイプ」です。

反対に、パートナーの世話をしたり、面倒を見てあげたり、愛し助けてあげている。してほしいよりもしている方が多いなぁと感じる人は「自立タイプ」です。

このように夫婦関係は、「自立タイプ」と「依存タイプ」の2つに分かれます。(どちらが良いとか悪いとかではありません。どちらにもメリットもあればデメリットもあります)

不倫発覚直後は、不倫をした側が自立タイプで、された側は、依存タイプの関係が多いですね。

絶対別れない!!

私が悪いんだ、なんでもするから別れないで・・・。

パニックで何も考えられない・・・。

不倫なんて許せない!!!不倫相手に会いにいってやる!!!

いろんな感情を感じますが、共通していることは「私は愛されていないのかも」という「不安と恐れ」です。

また、依存時代は、あなたに主導権があるのではなく、パートナーに主導権があることが多いため、相手の顔色を伺い、幸せになったり不幸になったりしてしまうのが特徴です。

この依存時代では、修復を一番に願っているのですが、今日のテーマでもあります「あれ、夫と別れたくないと思っていたけど、今はどうでもよくなった?」と感じているのは、自立の時代に入ったと言えるのです。

つまり、依存時代から自立の時代へと変化したわけですね。

依存時代では、不安なままでは怖いので、がんばって修復を目指します。これだけがんばっているんだから、私を見てくれるよね?愛してくれるよね?と期待します。

しかし、どれだけ頑張っても、パートナーが私を受け入れてくれない、改善の余地がない、想いがなかなか届かないとすれば、期待はずれになります。また裏切られたようにも感じるでしょう。

頑張った分、またチャレンジした分だけ、心は深く傷を負っているのです。

その心の傷が深ければ深いほど、もう傷つきたくない!
これ以上、悲しい想いをしたくない!!!

という反動が、パートナーへの失望になり、パートナーには頼れない!
自分だけを信じて生きていく!
期待なんてしない!っと、自立へと向かっていくのです。

この依存から自立の時代へ進む過程が
悲しい想いをしたくない、パートナーには期待しなくなり
好きなのか嫌いなのか?修復したいのか?したくないのか?わからなくなるのです。

依存時代に、傷つきたくないから悲しい想いを感じたくないから自立へ向かった。依存では、感情を感じて辛くなる、それだったら自立して感情を感じないように生きていくっと決めているのです。

好きなのか?嫌いなの?その答えがわかるのは、感情です。

深い傷を負ったため感情をシャッタアウトしたのが、自立時代なんですね。

自立の特徴は、たくましくも力強くも見えますが、感情を感じることを嫌うため、このようにどうしたいのか?わからなくなるのです。

だから、今回のテーマでもありますが、自分の気持ちがわからなくなるんですね。

根底にあるのは、傷ついた気持ち。だとしたら、根底には好きだけど傷つきたいない!という思いがある人も多いのです。

しかし、その気持ちがわかるのは、自分では難しいことが多いようです。

ですので、手前味噌にはなりますが、カウンセリングなど利用して自分の気持ちを感じれるといいのかもしれません。

しかし、自立の時代に向かっていく人の根底には、すべての人に好きという気持ちがあるのかと言えば、そうではありません。

自分の気持ちと向き合い、自立していく人の中には、やり直すよりも、もう一度、自分の人生を歩んでいきたい!と強く願う人もいるのです。

もし、あなたが好きなのか?嫌いなのか?どうしたいのかわからなくなった・・・と感じたなら、自立へ向かっているのかもしれません。

そんなときは、感じることを避けているのかなぁ?
だから気持ちが理解できないのかなぁ?と、一度、問いかけてみてください。

自立へ向かうことは、決して悪いことではありませんし、自然な流れですが、気持ちを無視したり、好きな気持ちを抑圧しているのなら、後々、後悔することにもなります。

難しいことですが、気持ちを大切に感じながら、次の選択ができるようになれればいいですね。