【離婚回避】子供のためになら一緒にいられるがお前との関係は考えられない

★【離婚回避】子供のためになら一緒にいられるがお前との関係は考えられない

いとうゆうじです。

詳しい詳細は、お伝えできませんが
ある女性は、ご主人から「離婚する」と突然告げられました。

小さいお子さんがおられながらも
その後、家庭内別居が続く・・・

そしてある日のこと
子供のためになら一緒にいられるがお前との関係は考えられない
だから離婚しかない・・・

失望から絶望へ

それと同時に、女性の取り巻く人間関係にも問題が起こり
ドン底に突き落とされました。

カウンセリングに来らる雰囲気も
生きる気力を失っていることがわかりました。

しかし、このドン底は、ドン底ではなかったのです。
というのも、一度下にしゃがみその反動で上にあがるための底だったのです。

そして、ご主人の態度が少しづつ変化するきっかけになった
ある出来事が起こりました。
それは、上にあがる変動を応援するかのように起こったのです。

離婚を口にした人の態度ではなく
家族のことを考えた言動が増えるようになりました。

また妻であるその女性は夫の優しさを感じるまでになったのです。

そして、今日のカウンセリングでは
未来のことを考えたある発言があったと報告がありました。

未来のことを考えた発言。
それはこれからも一緒に暮らしていくことを意味していたのでした。


人には、自分の身として考える相手ではなく
あなたの身になってくれる存在がいるのといないのでは
生き方が変わるぐらい大切なことです。

あなたの身になって、感じたり、考えたり
そんな相手が生きるためには必要なんだと思います。

そんな存在のひとりとして
カウンセリング活動していきたいと感じた、昨日の名古屋カウンセリングでした。

次回の。名古屋面談カウンセリングは・・・
クリック5/30(火)名古屋面談カウンセリング詳細へ

この記事はメルマガからでも読めます

離婚回避できてよかったですね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


不倫に走る動機ってなに? 〜その3 相談をしていたら〜

★不倫に走る動機ってなに? 〜その3 相談をしていたら〜

いとうゆうじです。

不倫に走る動機ってなに?
シリーズにて、定期的に配信しています。

シリーズ3は
相談をしていたらという動機です。

不倫したいという願望があるわけではありませんが
相談をしていたところ
気が合うこと、話していると共感してくれて安心感を感じること
的確なアドバイスをしてくれたなど。

最初は仕事絡みの相談事から
夫婦の悩みに変わり
相談に乗ってもらっているうちに、男女関係に・・・。

特に職場の環境から不倫関係に発展するケースが多く

親身になってくれる態度
話を聴いてくれる受容する態度
会話に中にある優しい言葉
否定的な態度ではなく、理解したい相手の気持ち
気にかけてくれる存在

このような要素が、男女関係の不倫に発展していきます。
パートナーから感じられない
理解・共感・受容・男らしさ・女らしさ・存在意義を感じる関係です。

さらに、職場の関係は、人目をしのぶ関係。
その刺激もまた不倫関係になりやすい環境とも言えます。

それに、働く女性が増えてきました。
昔は男性の仕事だったことが、女性も男性同様仕事に就けるようになりました。
そのことで、職場に女性が増えました。

今後、職場で女性との接触が増えるため
不倫関係は、増えていくのではないでしょうか。

【参考記事】

★不倫に走る動機ってなに? 〜その1 なんとなく〜
★不倫に走る動機ってなに? 〜その2 不倫願望あり〜〜

この記事はメルマガからでも読めます

わたしも職場の関係でした・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


【夫婦修復】夫婦問題の解決には夫がどう思っているのかが大事なのではない!

★【夫婦修復】夫婦問題の解決には夫がどう思っているのかが大事なのではない!

いとうゆうじです。

クリック先日、たかしろカウンセラーの記事を紹介しましたが、

シンクロ?と言っているのは、菊井カウンセラーです。

シンクロ?と言ったのも
菊井カウンセラーも
悩み苦しいときに必要な「わたし」の意味をブログで伝えていました。

まずはお読みください。

菊井カウンセラーの言う「わたし」
不倫をしてしまって修復を望んでいる場合も同じです。

つい、不倫をした罪悪感があるため
わたしは罪を償わなければいけないと感じ
「わたし」ではなく、パートナーがどうなのか?と見てしまいがちになります。

パートナーに選択を譲るような感覚に。

わたしは悪いことをしたので、夫に気持ちがなくなっても仕方がない・・・。
別居を言われたらするしかない・・・
夫から言われたら離婚しなければいけないのかも

そう感じることもあるでしょう!
わかりますよ!
大きな罪悪感を感じているために「わたし」なんて言ってはいけないと感じることも
わたしを優先してはいけないとも感じるのです。

でもね、でもね。

大切なのは、その選択に「わたし」があるかないか。
人間が本当に生きようとすれば、この「わたし」の存在が必要なのです。

罪悪感を感じながらも「わたし」はどうしたいのか?
このような状況になって「わたし」はどんな生き方をしたいのか?

夫の気持ちを優先させてあげたいと
わたしが優先してあげたいと思えれば、それはそれでいいです。

わたしは、このタイミングで別居して
もう一度夫婦の距離をとることも
わたしに決めることができれば、それはそれでいいです。

大切なことなので、もう一度・・・

その選択に「わたし」があるかないか。
人間が本当に生きようとすれば、この「わたし」の存在が必要なのです。

この記事はメルマガからでも読めます

私ですね!という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


自分がどうしたいのか?を考えた場合には何通りもの方法があるものです

★自分がどうしたいのか?を考えた場合には何通りもの方法があるものです

いとうゆうじです。

門下生だから褒めてるんでしょう!なんて言われそうですが
いやぁ、それもあるけど(笑)
中々この視点を持って夫婦問題を捉えている人はいないんじゃないかなぁ?

もちろんわたしたちの門下生はここを叩き込みますよ!

たかしろカウンセラーの下記の記事
ぜひ読んでみてください。

そして、ブログのタイトル
自分がどうしたいのか?を考えた場合には何通りもの方法があるものです

たかしろカウンセラーの一言です。

激しく共感!
このサポートをわたしたち「いとうゆうじ門下生」はしているようなものです。

わたしもたかしろも
その他の門下生が大切にしていることを
うまくまとめてくれました。

たかしろカウンセラーの記事です。

たかしろカウンセラーの個性「わたし」を感じる記事ですね(笑)

夫婦関係で悩みを抱えているとき
お互いの「顔」「わたし」や「あなた」が見えないから悩みが深まるのです。

そんなわたしという顔が見えたとき
はじめて、その問題と向き合うことにもなるようです。

たかしろカウンセラーの個人ブログもぜひお読みください。
クリックたかしろカウンセラーブログへ

この記事はメルマガからでも読めます

わたしですね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報

 
 

 
 
 


【後悔を肯定的に生きる方法】 後悔や悔しさは、生きている限り付きまとう

★【後悔を肯定的に生きる方法】 後悔や悔しさは、生きている限り付きまとう

なんで、あのときできなかったんだろう
なんで、あのときしなかったんだろう。
なんで、あのとき言えなかったんだろう

あのとき、出来ていれば
あのとき、していたら
あのとき、言えていたら

過去の出来事に対して、
悔しくて遣る瀬無い気持ちを感じる場面に、私たちはぶつかります。

過去の出来事を悔やみ
その出来事から離れられないことも、あるのではないでしょうか。

後悔しない生き方をしたいと願うのですが、
どうも、後悔や悔しさは
生きている限り付きまとうようです。

ふたつある選択のどちらかを選んでも
選ばない選択に後悔する。

これだ!と確信したかと思うと
一瞬で
または少し経過してから
本当にこの選択でよかったのか?と不安になる。

選んだ選択
選ばない選択

どの選択にも
本当にこれでよかったのかと不安が残るのです。

後悔や悔しい気持ちが
排除できないのなら

不安一杯の状態で選択するのではなく。

少しでも

これかもな、これを選びたいかなぁ
と、やりたい・選びたい感覚で選んでみたいものです。

難しいけど・・・。

何を選択しても、どの道を選んだとしても
選んだことへの不安
選ばなかったことへの後悔が残る。

残るけども
そんな後悔もまた人生のどこかで
肯定的に認め、許せることもできるのです。

Processed with VSCOcam with b5 preset

Processed with VSCOcam with b5 preset

昔の写真を見てください。

今見れば、噴き出すような服装をしていませんか?
今見れば、考えられない髪型していませんか?

これ、私ですけどね(笑)

昔の写真を見ると
あのときは、かっこいいと思ってしてたんだよねと笑えます。

この笑が、過去の私を許せたひとつの行為です。

また、私の写真を
今の私が見て感じるのは
何がしたいのかわからない、生きる悩みを抱えている、二十歳の私がいるのです。

写真の姿を見て・・・

何をしても続かない。続かないからまた自分に自信がない。
表情は笑っているかもしれないけど
心から笑ってない。
自信がない顔してるよね。
何がしたいのかわからないんだよね。何かこれという仕事に就いて、自分を活かしたい生き方を求めてるんだよね。
でも、それが何かわからない。
必死に不安を隠して、生きている。
迷い彷徨いながらもあなたは必死で生きているんだよね。
誰にも認められていないと感じるかもしれないけど、私は見てるからね。
頑張ってるよ。
本当に頑張ってる。

こんな声をかけてあげたくなるのです。

そんな瞬間は
後悔が癒される瞬間です。

後悔した出来事を思い出したとき

「あのとき、あの選択しかなかった、私も必死だったよね」
「何もできないくらい精神的に追い込まれていたよね」
「今考えても夫には言えない。あの頃の私は、それでも頑張ってたよね」
「私の気持ちじゃなかったけど、あのときは、選ぶしかなかったよね」
「私何してたんだろう、でも、でも、仕方がないよね」
「必死で生きているんだよね」
「子供を守るために必死だったよね」
「後悔したくて選んだ道じゃないよね」
「苦しくて苦しくて、悲しくて悲しくて、いっぱい、いっぱい泣いたよね」

なんて、過去の私を認められる瞬間もあるのです。

後悔を受け入れられるような生き方。

今は考えられないかもしれませんが
私を絶対に来ると思っています。

それでも私は精一杯だったと
後悔を認めそれでもよくやった、私を許してあげれるような生き方。

人生は、後悔がつきもの
でも、いつか後悔を許してあげれる
優しい私に出会えます。

頑張ろうね。

この記事はメルマガからでも読めます

後悔したくないけど仕方ないんですよね・・・という方も1クリックの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

友達追加していただくとブログの更新情報のチェックやカウンセリングのご予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されませんので、お気軽に追加してください。
友だち追加
あなた好きな時間に参考になる記事を読んでください。

東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 面談カウンセリング情報