【映画】幸せになるための27のドレスから学ぶ、幸せを受け取る力

 
もし、あなたが恋愛ができない
シングルでパートナーと出会いがないと感じている人に、質問です!
 
「なぜ、その状態をつくりだしたのでしょうか?」
 
この質問を深く掘り下げた映画を観ました。
その映画は「幸せになるための27のドレス」です。
 

幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD]/キャサリン・ハイグル,ジェームズ・マーズデン,エドワード・バーンズ
¥3,990
Amazon.co.jp

 
ストーリは、主人公のジェーンは、ブライド・メイド(花嫁付添い人)に生き甲斐を感じ
誰かの結婚式の準備の為に、休みなく、仕事、仕事の毎日を過ごしていました。

仕事に生き甲斐を感じ、プライベートでは上司に万年片思いのジェーンが、
自分を見つめ、成長していく姿を描いています。。

友達の幸せを祝うのは素敵なこと。
でも、人の世話ばかりで、肝心の自分の恋には臆病になってしまう・・・
本当の気持ちを受け入れることができないために・・・
 
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
この映画は、本当の自分と向き合ったとき、未来の幸せが見えてくる・幸せを受け取れる映画です。

主人公のジェーンは、人の幸せのサポートをしています。
それはそれで素敵なことですよね。

でも、自分の幸せについては向き合おうとしません・・・
なぜ、なんでしょうか?
 
 
これは今回の質問「なぜ、その状態をつくりだしたのでしょうか?」に繋がります。

そのヒントが映画の中にあります。
主人公が少しずつ気になりはじめた男性との会話です。

ジェーン「自分の思い出をつくるよりも他人の思い出をつくる方が気楽だから・・・」
「だってシングルを忘れられるから・・・」というシーン・・・

そこに隠されている心理とは?
 
主人公のジェーンは、シングルを忘れたい・・・どうして、シングルを忘れたいのでしょうか。

それは、本気で恋愛をすることに不安や恐れを感じていたのです。
恋愛で傷つくことを怖れ、その本音に気がつくことがとても怖がっています。

そこで、毎日を忙しくすることで、本音と向き合わない現状をつくりだしていたのです。
 
あなたはどうでしょう?
 
主人公のジェーンのように、恋愛をすることが不安で傷つきたくない本当の気持ちと向き合わずして
毎日を忙しくしているフリ?をしていませんか。

状況をはぐらかして生きていたり、本当は恋愛をすることが不安で傷つきたくない、なので怖くて向き合えない・・・
もしくは無意識に、忙しくして何かから逃げている・・・

そんな状態をつくりだしていませんか?
 
 
この映画の中でも、

人の幸せをサポートすることで自分の幸せを遠ざけている現状から
心惹かれる男性が現れ、少しずつ本当の気持ちを知り、私も幸せになる!と決めた瞬間が描かれています。

ジェーンは、素直にこう表現しています。

「私が見たかったのは、ひとつだけ」
「バージンロードの先で私を待つ彼・・・その瞳は愛であふれていた」
 
 
本当の自分と向き合ったとき
未来の幸せが見え、幸せを受け取った瞬間でした。

痛みを感じること・不安や怖さを感じることもあります。
痛みを感じた分だけ、人は幸せを受け取れるんでしょうね。

本当の自分の気持ちと向き合ってみてください。
主人公ジェーンのように、未来の幸せが見え、幸せを受け取る準備がはじまります。
 

さらに、質問を追加しました。

●なぜ、その状態をつくりだしたのでしょうか?
ひとりの方は、なぜ一人の状態をつくりだしたのでしょうか?

●その現状で向き合わなくてもいい問題があるとすればなにがありますか?
 
この映画を見ると、私は、なぜ今の状態をつくり本当はどうしたんだろう・・・と考えさせられます。
人を好きになることに不安がある方、ぜひ観てください。

主人公のジェーンから恋愛する勇気をもらえますよ♪