一生お付き合いしなければいけないのは夫ではなくあなたの存在。

 
夫の不倫が発覚した。でも夫ともう一度やり直したくて、頑張っておられる方。
離婚を告げられた。離婚されない自分になるために頑張っておられる方。

彼に好かれるために自分磨きをされている方

カウンセリングには、上記のような悩みを抱えている方も多く来られます。
 
相談を受けるたびに、旦那さんや彼への強い想いを感じるので
私のできる限り、その方の幸せを応援させてもらっています。

しかし、つい頑張りすぎて心や体が悲鳴をあげていないかなぁ?と
声をかけさせてもらうこともあるんですね。
 
ときには頑張らない勇気も必要かなぁて。
 
 

 
たとえば、このような女性がいたとしましょう。

彼女の仕事ぶりは、真面目で優秀な存在。それでいて、部下からも頼りにされています。

普段から悪口も愚痴もいない女性。
それが皮肉に見えるのではなく、魅力に見えるからまたそこが素敵です。
 
そんな彼女でしたが
あるお客様とのトラブルから少し雰囲気が変わってきたそうです。

お客様とのトラブルを対応していたとき、お客様が発する言葉に、部下が「あんな言い方ないと思うわ!!あれはひどい!」怒りを抑えきれず、先輩でもある彼女に、「◯◯さん、そこまで我慢する必要なんじゃないですか!」と言いました。

彼女は、「これは私のミスだからあれぐらい言われるのは平気だから、それよりもあなたはあなたの仕事してね!私は大丈夫!」と、言われました。
 

クラーム処理の日数はかかりましたが、なんとか終わったころ。
絶対に遅刻しない彼女が遅刻をしたそうです。

遅刻ならまだしも、遅刻から、とうとう会社まで来なくなりました。
心配した、部下は、彼女の家に行きましたが
会えない会いたくないという理由で会えませんでした。
 
それから彼女は、会社を退職されたそうです。

普段から、「私は大丈夫だよ!」と笑顔で接してくれた彼女だからこそ
誰にも悩んでいたなんで気がつかなかったようです。

 
彼女は知らないうちに、心に深い傷を負っていたんですね。

 
この話しを聞いてなにを感じますか?

ひと事だと思えない方もいるでしょう。
心が痛く感じる方もいるでしょう。
 
 
私たちは、人から絶えず頑張れ!というメッセージを感じ
また、何かしなければいけない!
じっと待っていてはダメ!
頑張らないと頑張って夫のためにしなくちゃいけない、変わらなくっちゃ!、つい頑張ってしまいます。
 
頑張ることはときに素敵なことですが
吐き出せない・弱音をはかない・本当は泣きたい気持ちがある、我慢をしてまで頑張るのって
必要なのかなぁって思うわけです。

 
あの女性も、今から振り返ると「頑張って耐えなければいけない、弱音をはけば負け、自分が頑張ればなんとなる」と思っていたそうです。

もし本音を誰かに言えたなら、
退職まで追い込まれていなかったのかもしれませんよね。
 
 
たしかにあの頑張りは、誰かのためになり頑張ったのかもしれません。
しかし、我慢しながら自分を責めていたとしたら
自分を追いつめていたとしたら、その頑張りはよいものではない。

 
私だって、ストレスを抱え悩むことがあります。

そんなときは、休めのサインだと思って、やるべきことはやってから、自分の大好きなお酒を飲み、好きな本を読み、はやく寝るようにしています。

また、カウンセラーにたまった気持ちを吐き出しています(笑)
そうすれば、次の日、少し楽なんですよね。

心が楽になるのなら、ストレスが解消するなら、暴飲暴食はダメ!と言われていますが、やってもいいじゃないかなぁって思います。

また、頑張れるから・・・。
 
 
頑張るって、泣いて、喚いて、溜め込んだ気持ちを吐き出して
気持ちがスッキリして、前に進みたいと思える力。

あなたの頑張る気持ちは
あなたにとって旦那さんはとても大切な存在だから、頑張るんですもんね。

でもね、あなたと一生付き合っていかなければいけないのは
夫ではなく、あなたなのです。

そこを間違えないでほしいです。
 
まずは自分を大切にした上で、
旦那さんのことを考えられるあなたでいて欲しいと思います。

あなたがストレスを抱え、落ち込み、しんどさを感じているなら、
あなたがしなくてはいけないことは
身体のケアーです。

誰かのために頑張れるときは、あなたが頑張れる力があるときです。

自分自身に意識を向けながら、心のメンテナンスをし
それから夫婦関係に向き合っていきましょう。

 
 

関連記事情報
    None Found