決断するとき「私」があるかないかで決める!

 
恋愛でも、夫婦関係でも、仕事の悩みでも、悩みって葛藤からうまれることがあるんですね。
 
 
たとえば、仕事をやめたいと悩んでいたら・・・。

やめたい理由は、会社の待遇に嫌気が刺している、もうこの辺りで、転職を考えないと年齢的にも次の選択がなくなる。
だからやめるなら今のうちにやめなければと思う。

しかし、実際に、やめるとなると、次の就職先はあるのか?また、給料面のこと、これまでの環境を手放すことになる。

そうなると、不安にもなるし、どこかもったいなくも感じる・・・。

じゃ、私はどうしたらいいだろうっと、悩むわけですね。

やめたいけど、やめたらどうなるんだろう・・・という、葛藤です。
 
 
どちらかを選べば、どちらかの選択がなくなるわけですから、後悔したくない、失敗したくない、間違えたくない「正しい基準」で、選択したくなります。

しかし、正しい選択など存在しません。どちらにもメリットもあれば、デメリットもあるわけですから、何が正しいと言えるなんてことはない。
 
決断は難しいですよね。
 
私が思うのは、正しいか?正しくないか?ワクワクするか?ワクワクしないか?ではなく「私が選んだ」と言える選択をすることが、大切ではないかと思うわけです。 その生き方には、自分が生きていると感じられる。
 
それが「個性」なんだと思うんです。
 

また「私」が選んだ道には、決断の責任感から自信にもつながり、自己実現にもつながるのではないかなぁとも思うのです。

正しい基準ばかりを追いかけていると「私」がなくなる。「私」がなくなる生き方ってどこか寂しく感じるんですよね。

それなら、後悔しても失敗しても「私が選びました!」と言える生き方を私は選びたい。
 
 

関連記事情報
    None Found