あなたの行動は「愛」から「恐れ」から?

行動には「愛」の行動と「恐れ」の行動の二つからだと言われています。
どちらの思いで行動するかで受け取るものが変わってくるんですよね。

実際のご相談から、愛と恐れの行動で受け取るものの違いを見てください。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お恥ずかしい話ですが、妻とケンカをしました。
私が洗いものをしていたとき、妻はのんびりテレビを観ていました。
その様子を見て「ちょっとぐらい手伝ってよ!」という気持ちが湧き妻に怒鳴ってしまいました。

これってどんな原因があったんでしょうか?
こんなことで相談してもいいでしょうか・・・と悩む 男性Cさん。

※クライアントご本人の承諾を得て、掲載しています。
プライバシー保護のため一部事実とは変更している箇所もあります。
———————————————————————-

行動する理由は2つある

Cさんとのお話を聞くと、普段から洗い物担当で奥さんと助け合い
とても優しい心を持った男性が伺えます。いろいろ話を聞き、私から質問してみました。

伊藤「普段はどんな気持ちで洗い物をしているんですか?」
Cさん「やってあげたいという気持ちかなぁ~」

伊藤「では、この時はどんな気持ちでやっていたんですか?」
Cさん「この日は、やってあげたいよりも、やってるんだから手伝ってよ!という気持ちでした」

行動する理由は2つです。「愛」か「恐れ」か。
それを考えるとCさんの行動は普段は「愛」からですが、ケンカの時は「恐れ」から来ています。

「恐れ」の行動とは。
本当はやりたくないけど嫌われるのが怖いからやるという犠牲の行為です。
このことを説明すると、Cさんはこの時は本当はやりたくない!という気持ちがあったそうです。

2つの感情で受け取るものが違う

洗い物をするという行為は同じでも、感情が「愛」か「恐れ」かでは手に入るものが違ってきます。

伊藤「Cさん、普段の洗い物をしたとき、どんな気持ちになりますか?」
Cさん「そうですね。達成感とか。なんて表現したらいいのかわかりませんが、ほんと「愛」を感じます」

伊藤「では、ケンカしたときはどんな気持ちになりましたか?」
Cさん「やってあげたんだから、感謝してよね。というなんとも言えない。欲求や不機嫌になります」

「愛」からの行動は
やってあげたという達成感や自信が手に入ります。

「恐れ」からの行動は
本当はやりたくない行動なので、不愉快な気分やイライラを手に入れます。

「恐れの原因

これは子供の頃、親子の関係からきていると言われています。「恐れ」を使ったコントロールです。
お母さんが怒ったとき、こんなことを言われたことないですか。

「○○ちゃん、そんなことしたら鬼が来て山に連れていかれるよ!」

子供の頃は、そんなお母さんのおどし(笑)が怖いため
山に連れていかれるぐらいなら、素直にお母さんの意見を聞いておこうとするのです。

そして、成長した現在でも同じようなことが起こります。

「怖いから、相手の言うことを聞いておこう・・・」
「友達に嫌われたくないから、行動する」
「彼氏や旦那さんに嫌われたくないから、行動する」

自然に周りに気を必要以上に使い、犠牲をしていきます。
ある程度の気遣いは調和性があり素敵ところではありますが、それ以上になると犠牲になっちゃいます。

無意識に怖さを感じたくないがために、自分ではない誰かのために行動しています。

「恐れ」を感じたら素直に話す

Cさんとカウンセリングを進めていくうちに、Cさんからこんな言葉がありました。

「そんな気持ちが隠されていたとはわかりませんでした。でも今、思うと恐れを感じていたのだと思います」
「今、ならどうしますか?」

「恐れや犠牲で行動していることに気がついたら素直に妻に伝えます」
「恐れから行動したら、必ず抑圧した感情が顔や態度・言葉で伝わっちゃいますよね。今回みたいにね」

「かもしれませんね。抑圧せずに素直に話してみます。ちょっと自信ないけど・・・」
「ちょっとずつやってみてください」

「それに、バランスが悪かったように思います。自分に無理をしていたような感じがします」
Cさんの感想でした。

自然にやってあげたいという「愛」からの行動だと問題が発生しません。
しかし、今回のように「恐れ」「犠牲」からの行動は問題を発生させます。

あなたが行動する時、どちらの感情から行動するのか感じてください。

「恐れ」「犠牲」からの行動なら ちょっとストップ 手
深呼吸して「愛」を感じ行動するには何をする必要があるのか?を考えてみてください。

素直に言える相手なら、素直に伝えてみましょう。

そして、本当にやりたい「愛」からの行動を少しずつ日常で増やしてくださいね。
きっとあなたの手に入るものが変わってきます。

 

ポイント

あなたが行動するとき。どちらの感情で行動するのかチェックしてください。
もし「恐れ」からくる行動ならそれに気づき何を恐れているのかを見てください。
心に余裕があれば深呼吸して「愛」から行動するためには何をする必要があるのか考えてください。

心に余裕がない場合は、その行動を辞めてみることもよいかもしれませんね。

 

関連記事情報
    None Found