【映画】「マルタのやさしい刺繍」から知る好きなことを見つけるヒント♪

 
好きなことを仕事にしたいんですが、私は大丈夫でしょうか・・・と相談を受けることがあります。
その方の年齢を聞くと、30代の女性の方。

無理だと感じる人もいるでしょう。
まだ30代なのに、これからだよ!と思う方もいるでしょう。

 
この質問を受ける
メンターに「人生を変えたい!と思ったときが一番若い」と言われたことを思い出します。
そう言われると、30代なんて、まだまだ若い!と感じる人もいるでしょうね。

30代からやりたいことをあきらめていたら、この映画の主人公に怒られる!という映画があります!
 
それが「マルタのやさしい刺繍」です。

マルタのやさしい刺繍 [DVD]/シュテファニー・グラーザー,ハイジ・マリア・グレスナー,アンネマリー・デュリンガー

¥3,990
Amazon.co.jp

 
ストーリーは、スイスの小さな村、トループ村に住む80才のマルタは

最愛の夫に先立たれ生きる気力をなくし、意気消沈しながら毎日をただ何となく過ごしていました。
ある日、彼女は忘れかけていた若かりし頃の夢、“自分でデザインして刺繍をした
「ランジェリー・ショップ」をオープンさせること”を思い出します。

しかし保守的な村では、マルタの夢はただ周りから冷笑され軽蔑されます。
それでもマルタは友人3人とともに夢を現実のものとするために動き出す。

スイスの伝統的な小さな村に広がる、夢に向かって頑張るマルタと彼女を支える仲間たちの夢と希望の輪。
マルタの刺繍が、人々の心をやさしくあたたかく紡いでゆくという映画です―。
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
80歳でやりたかったことをスタートする映画。
この映画の見所は、好きなことをはじめるには年齢は関係ないというメッセージが込められているところ。

それに、自分の足で生きるそして大切な仲間と共存して生きる生き方が学べます。
自分らしく生きる生き方とも言えるでしょう。



特に私が注目したのは、好きなことを見つけるヒントがこの映画に隠されています。

主人公マルタの好きなことを刺繍ですが、どんな生地でも刺繍をすれば好きなことかと言えばそうではありません。
映画の中でも好きなことがよりリアルにわかるシーンがあります。

合唱団の旗がねずみに食べられぼろぼろになってしまいました。
合唱団の大会は明日。
 
誰かなおしてくれないかなぁ~と思ったとき、刺繍が好きなマルタが選ばれました。
旗の生地がないため街まで出かけるのですが、生地屋さんでみたものは上質なレースの生地。
手に取るとマルタはとても楽しそうで幸せな表情をしていました。
 
笑顔のシニアのポートレイト - 写真素材

(c) Melpomene
ストック写真 PIXTA

お店を後にして次に入ったお店がランジェリー店。

下着をみるマルタは、仕立てが悪いと縫い目が粗い。デザインにセンスがないと店の商品を否定します。
あれもだめこれもだめ・・・機械だからできない。
すると友達から「気に入らないなら自分で編めば・・・」と言われます。
ハッと気づくマルタは、そこから合唱団の旗をなおすのをやめ、下着つくりをはじめます。


好きなことは刺繍ですが、なんでも刺繍するのが好きなのか、と言えばそうではなく
彼女の好きは、上質で綺麗なレースでランジェリーをつくることだったのです。
 
好きの資質は、刺繍を通して上質な作品をつくること。
上質なレースのランジェリーをつけて世の女性が、綺麗にイキイキ暮らして幸せになってほしい!というビジョンを持っていたということです。

 
好きなことを見つけたいと感じている人によくある誤解が、マルタの例で言うと、刺繍が好きで、刺繍ならなんでもします~♩っと、なるんですよね。

でも刺繍だけしていれば、それで幸せなのかと言えばそうではないということを、この映画で理解できます。

好きなことを見つけるカウンセリング講座でも
なんとなく、私の好きは○○だけど本当にしたいことなのかわかりません・・・という方も受講されています。
 
好きな手段はわかっていても、好きの資質がわかっている人は少ないんですね。
 
難しいと感じるかもしれませんが、あなたの好きになる資質を見つけてみてください。

それにあなたの好きを通してどんな人生を描いているのか考えてください。
好きの本質が見つかったとき、より深い好きなことに巡りあえるでしょう。

好きなことにこだわるのではなく楽しく幸せだと感じる感情にこだわってみてください。
好きなことは別の形をして現れるかもしれません。
 
クリック私と一緒にあなたの好きな資質を見つけてみませんか?
 
 
 
★おまけ♩おまけ

この映画は、セリフのいたるところで、年齢は関係ない!というメッセージが感じれる映画です。
裏テーマは「リーダーシップ」が学べる映画でもあります。

好きなことを仕事にしたい方や夢があるけどあきらめかけていた方
幸せにいきたいと感じている方
時間をかけてゆっくり夢をかなえたい方、自分らしく生きる生き方ってなに?と迷われている方は
ぜひこの映画をみてインスピレーションを感じてみてください。