離婚の危機を乗り越える 1 ~私生活を整えることを目標にする~

 

カウンセリングのご相談の中でもここ最近多くなったのが「離婚の問題」です。
パートナーの浮気がわかり離婚を考えているというケースが増えています。
 
そこで「離婚の危機を乗り越える」という1〜4までのシリーズでお伝えしていきます。
 
 
誰しも浮気をされるとわかっていながら、結婚するカップルはいませんよね。
(当たり前ですが・・・(x_x;))

二人で幸せになるうね!と誓い信じてきたパートナーの浮気は、嫉妬で怒り狂ったり
パートナーや浮気相手が許せなかったり、深い傷つきと共に悲しみを感じるものです。
 
さらにこのような状態をつくったのは、私のせいなのかも?
と自分自身を責めたり、私には魅力がないからなんだ・・・と自己否定をしてしまうケースもあります。

相談に来る方も、怒りや悲しみ感情の混乱に加え、自信を失っている方が非常に多いようです。
 
 
「私はどうしたいのか?」がわからなくなり
むしり考えたくもないという感覚に近い状態になっていることもあります。
 
このように無感覚、無気力の状態になっている人も少なくありません。
精神面のしんどさから疲れきっている様子です。
 

まずこのようにパートナーの浮気が発覚した場合に、お伝えしていることは

「離婚問題は時間がかかるのでゆっくりやっていきましょう」
「まずは、ご自身の疲れやストレスを解放してあげることが先決です。」
 
浮気発覚のショックからくる、感情の揺れや動揺それに心の痛みは、私たちには見えませんが、大きなストレスを感じているものです。
 

それにこのようにお声をかけています。

「仕事へ影響していませんか?」
「食事はされていますか?」
「健康面での不安はありませんか?」
「しっかり寝れていますか?」

など私生活のことをお聞きします。
 
このようなショックな出来事があった場合、私生活がままならないということが起こります。

それでなくても、心理的にも精神面にも追いつめられている状況で
私生活の崩れはさらに、心理的にも精神面を追いつめてしまうものです。

私生活を整え、できるだけ心理的、精神面に負担にならない状態をつくることを目標にしてみてください。

このような状態のとき
「なんでもします。なんとかしてください」とおっしゃる方も少なくありませんが
これは、マラソンを完走した後に「次は100m走しましょう!」と言っているようなものです。

この状態が続くことを考えると辛くしんどいかもしれませんが
次のマラソンに備えるために、水や食事をとり、ゆっくり呼吸を整えることが先決のようです。
 
 
★今日のまとめ★

離婚の問題は長期戦になると考え、まずは私生活を整えることを目標にしてください。

一人で考えて「もうこんな関係は終わりたい」「修復不可能」「パートナーの顔も存在も嫌になる」
「会話したくない」こんな想いになり、絶望感を感じているでしょう。

絶望したりあきらめたり、希望の道や修復の方法がわからなくなり
離婚をする夫婦は多くおられますが、自分一人で希望がみえないときや、どうしていいかわからないとき
さらに苦しさやストレスなど、不安から抜け出せない場合があります。
 
一人で考えれば考えるほど、この手の悩みは離婚へと急速に進んでしまいます。
 
もちろん離婚を考えるのもひとつの手ではありますが、まず信頼できる人へサポートを求めてください。
 

いとうゆうじのカウンセリングを申込む

関連記事情報
    None Found